ROCK IN JAPANの過ごし方 妄想編
8月5日
11:00 ACIDMAN
出だしからいきなりの熱狂ライブに早くもペース配分を忘れて上がる。

12:20 KREVA
少し後ろ目のゆったりしたスペースで横揺れを楽しむ。でもサプライズでDとか出てきてしまうので、結局前方に行ってしまうことに。

13:40 YUKI
KREVA終わりで買ってきた食事を取りつつ遠目から座って観賞・・・するつもりが1曲目から「舞い上がれ」で、結局前方に行ってしまうことに。

15:00 100s
待ちに待った100sにテンショーンが限界まで上がる。「扉の向こうに」で泣く。「Sonata」や「K-ing」のありえないかっこよさに惚れ直す。ラストの「ロックンロール」で失神。

16:30 m-flo
17:10 つじあやの
17:40 BUMP OF CHICKEN  RHYMESTER
18:50 真心ブラザーズ
19:00 RIP SLYME


時間がかぶってるけど、全部観る。観たい。

という妄想をいまのところ展開中。後半どうしよう。

8月6日
10:40 GOING UNDER GROUND
LAKE STAGEで観るこのバンドは最高。前回のサンキュー、前々回のトワイライト、ハートビートに続き、ここでも出来たての新曲披露。出だしからいきなりの熱狂ライブに早くもペース配分を忘れて上がる。

11:50 フジファブリック
念願のフジファブリックを観る。が、大本命アナログフィッシュのために途中退場。

12:30 アナログフィッシュ
SOUND OF FORESTが満員、初の入場規制!「BGM」「Hello」「スピード」「タウン」「シティ」と余すことなくキラーチューンの連打で伝説のライブとなる。

13:00~ 昼食&休憩
3日間で唯一のちゃんとした休憩時間。Salyuをチラ見したり、DJ BOOTHや茶屋VILLAGEなどを散策。こんな時間だが、ビール飲んじゃうよ(つくば山)。

15:00 ウルフルズ
初ウルフルズだと悟られないようライブ時のお約束をさも知ってる風に参加する。トータスのスターっぷりにやられる。LITTLEも出てきてなんと「はつ恋の」を披露!

16:20 THE BAND HAS NO NAME
多分僕にとって最初で最後のTHE BAND HAS NO NAMEを拝むようにして観る。ありがたや。

17:40 SINGER SONGER
後ろの方で座ってゆったりと心地いい演奏に身を任せる。疲れている場合はそのまま寝る。

19:00 Mr.Children
こんな機会でもないと観られないビッグロックバンドを拝むようにして観る。最近の曲が分からない自分に愕然とする。

という妄想をいまのところ展開中。ビークル、ドーパンが観られないのが残念だけど、比較的この日は迷うとこなし。

8月7日
11:00 サンボマスター
サンボ、はやくもGRASSでやるようになったかー、と感心しつつ後方で楽しむ。

13:00 スネオヘアー
早めの昼食後、スネオ好きの連れに付き合う。

14:10 マボロシ
シートゾーンで少しだけ観る。

15:00 奥田民生
今年も微妙な時間帯に登場のF10ロックンローラーにこの上なく燃える。「ジャパーン!!」という無敵のシャウトにノックアウト。

16:20 ASIAN KUNG-FU GENERATION
ワンマンライブ以降、さらにさらにアジカン熱が高まっているため、民生に続いて上がりまくる。「ブラックアウト」、そしてさらなる新曲まで披露される。

17:40 GRAPEVINE
GRASSでないことをぼやくボーカルとLAKEで観られることを喜ぶ観客の付かず離れずのコミュニケーションと、夏フェス関係なしの独特なライブ空間に酔いまくる。

19:00 サザンオールスターズ
ほぼ抜け殻となった状態で、最後方で夕食とビールを楽しみながらゆったりと、この稀代のポップモンスターのクレイジーでポップなライブを楽しむ。「栞のテーマ」で泣き笑い。

という妄想をいまのところ展開中。YUI&DEPAPEPEは予習をすでに始めていただけに残念。RADWIMPS、ELLEGARDENも気になっていた。教授も観られるものなら・・・。でもこの日もこれで決定するしかなさそう。


と一応書いておく。もちろんここから夢物語を捨てて、現実的な取捨選択をしていき、最終的には現場で行き当たりばったりに動くことになるわけです。



※これはあくまで妄想で実際のROCK IN JAPAN FES.2005の内容とは一切関係ありません。

※妄想ですので自分自身の体力、気力、肌年齢、その他もろもろは考慮しておりませんのであしからず。
[PR]
by kngordinaries | 2005-06-23 01:04 | ライブ


<< YOSHII LOVINSON... アメリカン・ビューティー >>