くるり、赤い電車特設サイト!フリノ新譜!他
くるり、『赤い電車』特設サイトオープン!!
くるりのニューシングル「赤い電車」のスペシャルサイトがクルバビロンにてオープンしました。「くるりからのメッセージ」、曲の試聴、PVフル視聴ができます。次のシングルは「Baby I Love You」、10月26日リリース。ニューアルバムは11月発売予定!
PV、延々と赤い電車が走ってます。これが京急かー。岸田らしき人もちらっと登場。シングルは夏のライブで散財しすぎたためちょっとセーブしてレンタルしましたが、ジャケットといい歌詞カードといい、くるりファンより京急および鉄道好きな人の満足度重視。これは鉄道好きならマストバイ。「赤い電車」は収録されないだろうけど、11月のフルアルバムにかなり期待してます。歌ものポップなくるりは無敵なので。「Superstar」最高!

FREENOTE、ニューシングルリリース決定!!
FREENOTEのニューシングルのリリースが決定しました。タイトルは「ピアノを弾いて」、発売日は11月9日。
MEDIAページによると最近のライブでは毎回披露されている曲のよう。ボーカルはまた一人で(?)海外行ってます。San Franciscoを満喫中のもようで、かなり観光ガイドっぽくなってます。遊びまわってるようでもあり、多少仕事のようでもあり。「曲作り」という言葉も登場。全部バンド名義になってるけどソングライターはやっぱりこの人か。

つじあやの、秋冬ニューシングル詳細判明!!
つじあやのの10月5日リリースのニューシングル「ゆびきり/星降る夜のクリスマス」のジャケットが公開され、サイトも秋仕様になりました。秋を歌った「ゆびきり」はNHK『みんなのうた』(10月~11月度)決定しています。
「ゆびきり」は森俊之プロデュース、星降る夜のクリスマスは富田恵一プロデュース、とまたまた幅広い人選のうららか嬢。何度か書いてますがほんとこの方のブログの文章がよすぎる。文体とか言葉使いプラスその感性というか目の付け所が優しいんですわ(似非京都弁)。シングルのジャケットとか多分真夏に撮ったんだろうなー。こんな暖かそうな格好で。

アナログフィッシュのオフィシャルサイトが「KISS」仕様にプチリニューアル。前のデザインだと人によっては怖かったりしそうだったので、こっちのポップな感じのほうがいいんじゃないでしょうか。
11月の東名阪はスパルタローカルズ、フジファブリックとの合同企画「GO FOR THE SUN」tourとのこと。3バンド合同発案っていつの間にそんな会議したんだ。この3バンドの中では一番アナログがぺーぺーかな。年齢はフジファブより上か。
そして1月の東名阪はワンマン!とのこと。嬉しいけど、ハコでかいのに大丈夫か。

PUFFYがCMで世界一大きなコロッケ作りに挑戦とのニュース。これ3へえくらいの話題ですね。世界一○○とかは夢があるけど食べ物はなー。粗末にしてなきゃいいけど。

ひさびさにHONDAモビリオスパイクのサイトを見にいったら、もうKREVAのMovieは#09まで公開していて、車の内装外装のデザインから作成からシーカヤックから沖縄から全部観れました。キューゼロも出てました。

奥村愛子のニューシングルはつんく♂プロデュース。昔POP JAMに奥村愛子が出たとき司会のつんく♂が絶賛してたっけ。前作は筒美京平書き下ろし。歌謡POPの大物が触発される素材ってことで。この組み合わせは絶対相性いい。

チャットモンチーのサイト発見。下北とか神戸とか京都とか意外ともうかなり活動の場を広げてるもよう。

中村くんっていうキャラクタがいるんですね。僕が話題に出す中村くんは9割9分これじゃなくて生身の人間で100sっていうバンドで活躍してる人の方ですからお間違えなきよう。

連ドラの話題。
雑誌Cutの門真雄介氏の日記に共感。「女王の教室」は全体の3分の1くらいしか観てなかったですけど、前半はほんとすごかった。救いゼロだった。最終回はラスト15分くらいしか見てないけど、あれはないな。少なくとも真矢本人の口から語っちゃだめだと思う。エピソード1もなし。
「ドラゴン桜」は中盤はわりと観てたけど、確かに阿部ちゃん最高だった。好奇心って大事。
どちらも「世界を見ろ」っていうテーマの話だった気がする。

次号bridgeはまたもや凄い!「意外とハモるこのふたり」と題して表紙巻頭特集は岸田繁とヒダカトオル対談。なんだそれ。さらになんと!YOSHIILOVINSON登場で「「吉井和哉」としての完全復活宣言まで本誌だけに独占告白」って!!必読。奥田民生、「真心ブラザーズの10曲」、アナログフィッシュもあるのですから、これは充実。

最近個人的にヤバイ曲。放浪フリーク。GRAVEYARD。きらり。Superstar。スタート。ここのところ豊作です。

そしてアナログフィッシュのアルバム「KISS」。
ちょっとこれまずいんですけど。手に入れてから延々リピートして止らない。まず聴き始めて「リー・ルード」の超キャッチーで瑞々しいロックにやらます。全体に勢いがよく、ポップが全開。佐々木曲の歌ものとしてのレベルアップが顕著。「僕ったら」とか凄い。しかしなんといっても「Town」。これ聴くと鳥肌がたつ。「ナイトライダー2」もいいなー。
かなり期待が大きかったアルバムだけど、軽くそれを超えられた感じ。まだまだ聴きこまねば。

9月ももう終わりですか。早。
[PR]
by kngordinaries | 2005-09-23 14:39 | 音楽ニュース


<< パッチギ! 働きマン 安野モヨコ >>