これはほんとにマジヤバイ。STANを聴いた!
大体において、過剰な期待を持って接した作品の第一印象は多少がっかりさせられるものだったりする。特に音楽の場合は繰り返し聞かないとよさが分からない類のものも多いわけだし。

STANというバンドの存在を知ったのはつい最近だったと思う。
音楽雑誌で見かけ、その紹介のされ方がなかなか異様だったのでなんとなく気にかかっていた。その説明からぼんやりと想像される音楽がありえないものだったからだ。
これはかなり面白そうなバンドだ、と思った。かなり想像のハードルが高かったといえよう。

初めてSTANの音に触れたのはタワレコ名古屋パルコ店。
なかなか大きくディスプレイされていて、さらに期待が高まりつつヘッドフォンを装着。プレイボタンをON。
まずはイントロの出来すぎたかっこよさに耳を奪われた。これはとりあえず軽く若手のバンドの平均は超えてるぞ、と嬉しくなる。しかもギターが歪んでなく、音もスカスカなのにひねくれたアレンジでとても好みだ。
しかしそこからがひどかった。いや衝撃だった。
ラップが始まったのだ。しかもどうやらメンバー紹介を兼ねているようなリリック。そして耳に飛び込んできたサビ。
こんなん ありえなくない?
こんなん 見た事ないよ
ヤバイ ヤバイ
STAN マジヤバイ

これだ。いやその歌詞が一番ありえないし!と思わず言いたくなる。しかし衝撃は続く。2番のサビだ。
誰より僕等メロディーがいい
誰より僕等リズムがいい
誰より僕等アレンジがいい
気合もグー              /ULTRAMAGNETICSTANS

これだ。「気合もグー」の「グー」は調子はずれな裏声でテンションはとても高い。
思わず試聴機の前で吹き出しそうになった。衝撃的におもしろかった。
雑誌評の中で触れられていた4曲目「ダルい男」も聴いてみる。これがまたイントロからシンプルだけどセンスのいい演奏が最高なんだけど、歌が、メロが、凄まじい。
さっきにましてやる気ない 君もそうだろ
つーかみんなそうだろ ウソはよくないよぉぉぉ
やる気があるあなたは なぜなのかしら
僕に少し分けてよ な・ん・て ウソだぴょ~ん

ダ―――リ―――――――――――――――――
マジダリ――――― マジウゼ――――― もーいーもーいー
あ――――――― メンドクセ――――――――――       /ダルい男

ことわっておくと、歌詞カードに書いてあるままだ。そしてこの文面から想起される感情をそのまま表したようなまさにダルそうな歌声でメロで聴き手の耳に侵入してくるのだ。痛快だ。

それからなんとなく衝撃が収まらず、結果的にそれから2週間後にCD「STAN」を買ったわけだけれど、それからずっとヘビロテしている。全7曲。全部が全部いい曲揃い。
衝撃的な歌詞はさておきやはり演奏がビシバシとツボをつく。落ち着いたボトムのしっかりした音。派手めな曲ではグラムロックやハードロックのような様相もみせるのだけど、この一歩間違えると時代遅れや派手なだけになってしまいそうなサウンドフォルムを、繊細なアレンジと美メロと演奏のダイナミズムで押し切って今のサウンドとして聞かせていくさまがかっこよすぎる。

歌詞は最初に感じた衝撃から聴いていくうちになんとなく深遠な哲学を感じるようになってきている。言葉数もそんなに多くないし、大体上記のように一部だけ言葉のみ取り出すとお調子者のアホのようにも思われるものなのに、音楽として聴くとその暴力的なまでの破壊衝動と世界を暴きたいという欲望がビリビリと伝わってくる。それをもの凄く練った結果シンプルな言葉に落とし込むことができているんだと思う。

とにかくボーカルが自由だ。やりたい放題なのが最高に気持ちがいい。どんなライブをするのか観たことがないけど、きっともの凄く本人達は楽しそうにやるだろう。
そう。彼らの音楽を聴いていて一番感じるのはそこだ。
リスナーへのサービスに溢れたポップスでも流行の分かりやすいアレンジが施された丁寧でスマートなロックでもない。いつもイライラしていて不満が盛りだくさんで世の中全部気に入らなくてでも現実は思い通りにいかなくて、だからここで全部吐き出さないとどうしようもない、という覚悟が漲った音楽だ。

自由に伸び伸びと悪意を撒き散らしながら哲学する、そんなバンドなかなかいない。

結果的に予想を大きく上回るすごいバンドを発見してしまった気がしてます。
いまのところこのバンドは何も背負っていないようにみえるし、別に大きな現象を起こしそうな予兆もないけれど、CDの帯に書かれていたキャッチフレーズに同意してもいいと思えるくらいこのアルバムにハマってしまった。
そこにはこう書かれている。

「ロックの未来 STAN マジヤバイ!」




waterliliy music「ヤバイヤバイ、マジヤバイ!」にトラックバックさせていただきました!
[PR]
by kngordinaries | 2005-12-19 02:25 | 音楽


<< TRICERATOPS、ニュー... 答えは本当はない  >>