吉井和哉
ああまたやられてしまった。吉井に。

2006年1月25日現在、そう思っている音楽ファンがどのくらいいるだろう。
恐らく吉井和哉として初のシングル「BEAUTIFUL」を聴いたリスナーの8割はなんらかのかたちでもやもやとした思いを抱えさせられているんじゃないだろうか。
吉井和哉がいたずらな目で満足げにこちらを見ていることに薄々気付きながら。

アコギの優しいカッティングと静かな歌唱でタイトル曲「BAUTIFUL」は始まる。
その音像の息をのむ美しさと、ゆったりとした流麗なメロディラインに乗って歌われ、すっと耳に届く言葉の一つ一つの凛々しさに、一瞬にして心を鷲掴みにされる。
そして音そのものに込められた意味と、演奏者の息遣いが感じられるような高水準のサウンドをまとった新しい吉井和哉に打ちのめされる。

吉井和哉名義での第一弾シングル、という響きからもっとガツンとしたバンドサウンドが鳴らされていると思っていた。
しかしここにある音は、優しく穏やかでまさにBEAUTIFUL。

2曲目「HIKARETA」はそれとは一転、開放的なロックチューンだ。テンポはミディアムだけど楽しそうに弾むリズムと言葉遊びと「君にひかれた」その瞬間のシンプルな清々しい感情をそのまま音符にしたようなメロディが優しく響く。

そして3曲目「MY FOOLISH HEART」。どこまでもパーソナルな心情を吐露した歌詞は、深読みすればいくつもの吉井の人生のストーリーが読み解けるだろうけれど、それ以前に自分自身の心にビリビリと共鳴してしまい、まっすぐに曲と向き合わずにはいられない。吉井和哉という個性的なロックスターも関係ないこの曲と自分という世界で。

「TALI」や「CALL ME」が初めて世に放たれたときの衝撃のようなものが今回のシングルにあるのかどうか、分からない。少なくとも分かりやすく刺激的なサウンドフォルムは持っていない。
ただ、言葉にはできないけれど、ここには確かにハッとさせられるような新鮮で驚きに満ちた表現がある。

それは、とにかく水準の高い名曲揃いだからかもしれないし、エイミー・マンのバンドメンバーによる演奏だからかもしれない。YOSHIILOVINSONで獲得したパーソナルな表現がさらに深化されたからかもしれないし、アコギで作曲したという息の長いメロディが美しく新鮮だったからかもしれない。

少なくとも「BEAUTIFUL」は、今までよりずっと広い範囲のリスナーに届く表現になっているし、このシングルの吉井和哉はソロになって以降、一番迷いがない。

それだけははっきり言える今回のシングルだけど、それ以外の要素がきっとたくさん詰まっている。複雑にひしめいている。それを分かりたくて繰り返し繰り返し聴きたくなる。もしかしたらただただこの素晴らしい曲たちをずっと聴いていたいだけかもしれないけれど。

多分、吉井和哉の中では次の確かな世界観が、メッセージが、表現方法があるんだろう。そして、「MY FOOLISH HEART」の中で歌われるように、震えながら怯えながら「生きるべきか 死ぬべきなのか」を自問しながらも彼はそれを掴み取る決意ができている。
だから余裕たっぷりにその序章のようなこのシングルを出せるのだ。いや、もしかしたらこのシングルが核心で、その序章をすっ飛ばしたから分かりにくいのかもしれない。
とにかく吉井は楽しんで、全貌を明かすことをあせらずに、落ち着いて新章をスタートさせた。今は聴き手はまずはそのスピードに目をならすところから始めなきゃいけない。
出なきゃあっという間に置いてかれる。そんな印象を受ける3曲だった。


まずは今夜すでに初日を終えたライブツアーに期待したい。
[PR]
by kngordinaries | 2006-01-26 01:20 | 音楽


<< GOING、新曲PV!!民生別... 私的 BOOK OF THE ... >>