ZIP SUPER SQUARE "MOVE THE TOWN" (kokia) 
小雨のパラついている秋の午後、名古屋栄の久屋大通り公園で行われたZIP-FMのライブイベント(無料)に行ってきた。

ZIPとは中部地方のFMラジオ局で、聴いている印象では洋楽、若者、ダンス系を重視している感じ。九州や札幌にも似たようなのがあるようにPUSHしたアーティストが全国区になったりするなかなか熱いFM局だ。たまにしか聴かないが、なかなかがんばっとるなー、と感心はしていた。

お目当てはKOKIAで、ほかにもnobodyknows+やナチュラルハイ等6組が出演していた。13:00~18:00までのイベントだけどKOKIAの出番に合わせて16:30に到着。

まだ前のジムノペディというバンドが演奏していた。3曲聴いた印象ではジャズっぽいけど歌謡曲の要素もありスウィングな感じもあるなかなか通好みな感じ。小島麻由美とか奥村愛子っぽいかな?あとでDJにも突っ込まれてたけどボーカルの女性(おかっぱで背が低い初期のYUKIちゃんみたいな印象)の服が赤いふわふわした素材のミニのワンピで、男心をくすぐられた。さすがにZIPの推しだけあって演奏も上手いしボーカルも上手い、いいバンドでした。ただMCが素人っぽい感じがした。CDの宣伝めいたことをいったあとに〈宣伝するなんて商業主義っぽくてカッコわるいよね〉みたいな自嘲の笑顔をみせたり。ボーカルがMC苦手ならほかのキャラがいい人とか上手いことやんないと曲がいい分もったないかな、と。

ジムノペディがはけたあたりから雨足がはやくなりステージ前のベンチシートに座っている人、数人が傘を差し始める。となりに座る人に迷惑かとは思いつつ、といった感じで傘を持っている人が次々と傘をさしていった。しかしステージチェンジが終わった時点で皆傘を閉じる。なんともマナーがいい。ジッピー(ZIPリスナーのこと)素晴らしい。一部のロックフェスを見ても分かるけどいいメディア主導の音楽イベントはいい空気がある、みんなでいいものにしようという気分が伝播しきっているよう。

KOKIAは雨足が弱まることのない17:00前に登場。
「The Power of Smile」でスタート、透きとおるような歌声が野外に響いた。KOKIAを生で聴くのは3回目だったけど、毎回歌いだしでびっくりする。声量があってタイム感が良くて、うわっすごい!と思ってしまうのだ。だから1曲歌い終えてすぐMCは絶対必要。実はこんな天然ボケっぽいほんわかしたキャラの人だってことをちゃんと提示しないと、単に歌の上手さにびっくりするだけでステージと観客の間に壁が出来たままライブが進んでしまうから。
「歌がチカラ」からは1曲だけだった。ジンとくるラブソング「空に太陽 あなたに私」。アルバム買ってなかったけど、近いうちに買わなきゃ、と思った。
KOKIAのライブではおなじみの未発売曲は今年からよく歌っているらしくファンサイトとかで大人気の「ダンデライオン」。これも良かった。ただ、最後に歌った「Remember the kiss」がやっぱり圧巻だった。
気づいたら、雨がやんでいた。

あともう一つ、アーティストが変わるごとのお客さんの入れ替わりがほとんどない!ZIP好きということなのか、全アーティストのファンなのか、とにかくちょっと変わった磁場を感じるイベントでした。僕はKOKIA終わってすぐ出てしまったけど。
[PR]
by kngordinaries | 2004-10-03 01:20 | ライブ


<< OTのビデオクリップ集発売! おっはー  >>