ROCK IN JAPAN 2006の過ごし方
8月4日

10:30 RHYMESTER
2年ぶり?に生で観るキング・オブ・ステージ、思ったより知らない選曲に戸惑いつつ、この音楽の楽園のスタートはアゲアゲで。KREVAが出てきちゃったりしちゃったり。

11:30 ウルフルズ
ライムス終わりで、自分の競歩の才能に目覚め、驚くべき速さでGRASS STAGEへ移動し、結果的にウルフルズの後半に間に合う。渋谷社長の挨拶が聞けなかったことを少々残念に思う。

12:00~ 昼食&休憩
DJ OZMAがどんな趣向で50分持たせるか、には気を配りつつ、食事にいそしむ。美味い!(なにが)

13:40 KREVA
昨年一番暑い時間帯に登場し、これっぽっちも暑さに気を取られることのない圧巻のステージを披露したこの夏男の極上ライブを今年も堪能。新曲「Have a nice day!」も披露!

15:00 m-flo
後ろでまったりしつつ、最高のパーティーチューンの連打と次々と登場するLovesボーカルとバーバルのラップスターっぷりを楽しむ。

16:20 平井堅 エレファントカシマシ
もしも僕がパーマンであったと仮定したとき、平井堅を観て、コピーロボットがエレカシを観る。

17:30 PUFFY
夕暮れが迫るLAKEという一番お気に入りの時間帯&ステージで、10周年PUFFYのロックでポップなライブをがっつり楽しむ。OT登場を少々期待するが、日程的に無理がある。

18:10 YO-KING
PUFFY終わりでいそいそとお隣へ移動すると、公私ともにノリノリのYO-KING氏がすでにガツンガツンに盛り上げている。GRASSのオオトリに間に合うか時計を気にしつつギリギリまではっちゃける。

19:00 くるり
去年末の初めてのワンマンの最高ライブが甦ったような最強アクトにテンションヌが最高潮へ。そしてリップスライム登場!!Juiceとラヴぃで限界まで踊りまくる。


こんな感じの初日。こ、濃いい。明らかにオーバーワーク。でもやるしかない!やるしかないよ、KYG。(←意味不明)


8月5日

10:30 フジファブリック
早くも初日の疲労を引きずりつつ、今日も渋谷校長の挨拶が聞けなかったと悔やみつつ、大いなる変化真っ最中のバンドのライブにのっけから嫌でもアガる。が、半分ほど観てそそくさと次のアクトへ。

11:10 STAN
ここにきて初のWING TENT、新ステージを観察し、テントだし日陰で涼しいなーと思いつつ、人生2度目のSTANライブに、それはもう大変なことになる。意外と人もたくさん集る(←失礼)。

12:20 真心ブラザーズ
GRASSのでかいステージでの真心に感涙。OT登場を少々期待するが、流れ的に無理がある。

13:40 ACIDMAN
OTやGOINGに負けず劣らずフェスと言えばマストな存在の彼らの、やっぱり今回もツボを押さえた熱狂ライブに盛り上がる。

14:40 髭(HIGE)
ずっと気になっていたバンドのライブにしっかり予習して挑む。とにかくもう楽しくてクレイジーな感じに、驚く。

15:10 BOOM BOOM SATELLITES
どんな風にライブやるのかなーと、座りながらのんびりと観る。が、キラーチューン連発に思わずスタンディングゾーンへ突進する。

16:20 奥田民生ひとり股旅
またまたの長距離移動に少々げんなりしつつ、プレミアムなOT弾語りのために急いでGRASSへ。言葉もなくなる圧倒的な歌と演奏に泣きそうになる。YO-KING登場を少々期待するが、流れ的に無理がないのでほんとに登場。

17:40 スピッツ
1ヵ月後にはロックロックでこの2組を観られるのだな、との感慨を持ちつつ、まったり後方で途中まで楽しむ。

18:10 RAM RIDER
なんだかんだで毎年ほとんど足を向けないDJ BOOTHでこのときばかりはノリまくる。ユメデアエルヨでテンションヌが最高潮に。

19:00 Cocco
圧倒的な歌とパフォーマンスに酔いつつ、あまりにも充実した一日の疲労を抱え、混雑を回避し、少々早めにおいとまする。


えーと、休みがないですね。ほんとはバンアパとかCORNERとかBENNIE Kなんかも観たいんだけどなー。


8月6日

10:30 スネオヘアー
昨年のリベンジの悲しみロックフェスティバルに、結局今年は渋谷校長の朝礼不参加だ、と悔やみつつも、朝からアガる。池ちゃんがゲストで登場してアフロダイブ!

11:10 NICO Touches the Walls
期待のニューカマーがなんぼのもんじゃい、と人生の先輩風を吹かせて後方で楽しむ、が、な、なかなかやるな、と思う。

12:20 YUI
SOUND OF FORESTの木陰の芝でまったりと澄んだ歌声に身を委ねる。

12:50 DOPING PANDA
さっきまでの澄み切った雰囲気から一転、なんだか俗っぽいけどリアルで本気なダンスチューンにノリまくる。熱い。

12:20 木村カエラ
このへんでラベンダーの香りを偶然かぎつけ、時をかける。もしくは青色のネコ型ロボットと知り合い、勉強机の引き出しから(中略)、時をかける。
Magic Music、リルラリルハ等、アンセム連発!早くもGRASSかーと感心する。

13:40 サンボマスター
ちょっと伝説的な昨年のライブを思い起こしながらさらなる熱狂ライブに我を忘れて盛り上がる。サンボを観てるお客さんはいい感じだな、といつもながら思う。

14:00 POLYSICS
いろいろあって、また時間が巻き戻り(え?)、ポリも観られるという幸運にありつく。

15:50 アナログフィッシュ
またもや未発表の新曲連発ライブ。しかもその1曲1曲が最高すぎる。今年もSOUND OF FORESTだけどそれがどうした、と最高のライブ空間へ。そろそろ、夕暮れです。

16:20 休憩
矢野さんの音をBGM代わりにゆったりまったり体を休める。そして次のアクトへ想いをはせる。


17:40 吉井和哉
もうなんというか、破格のロックスターっぷりと最強の歌、曲、演奏、パフォーマンスにちょっと泣く。GRASSが揺れる。

18:40 GRAPEVINE
なんだかんだ言って超満員のLAKEになんとかライブ開始ギリギリに滑り込む。田中の恒例の悪態に笑い、強靭なグルーヴに痺れ、優しいメロディに熱くなる。

19:45 矢沢永吉
永ちゃん、元気してるかな、と様子見に覗きにいくが、ヤザワはバリバリ元気。一応タオルを投げてみるがタイミングを外し、恥ずかしくなる。

花火。最後まで観る。

3日目はほんと苦渋の決断が多い日です。前半は幸運なことに無理やり全部観てますが(妄想上で)、終盤のチャットモンチーがどうあがいても絶対観られないのが痛い!でもやるしかない!や~るな~らい~まし~かね~、BY 池田貴文ですから。(←意味不明)


とにもかくにも今年のROCK IN JAPANまであと21日!!マジでか。
ほぼ毎日サイトに行っては開催までのカウントダウンにびっくりしてますが、それがなにか。



参加される方で会場で僕との遭遇を希望される方はこちらまで事前のご連絡をお願いします。何事も計画的に。



※上記はあくまで妄想で実際のROCK IN JAPAN FES.2006の内容とは一切関係ありません。

※妄想ですので自分自身の体力、気力、肌年齢、その他もろもろは考慮しておりませんのであしからず。
[PR]
by kngordinaries | 2006-07-14 02:30 | ライブ


<< 博士の愛した数式 DINOSAUR ROCK’N... >>