COUNTDOWN JAPAN 0607 31日 レポート その1
道中でのアクシデントもあり、14時過ぎに幕張に到着。

会場内に入るとさすがにクロークエリアはもう大分空いてきていたため、さささっと準備をしていそいそとEARTH STAGEへ向かう。
もう個人的に3回目ということもあって、会場内の雰囲気も馴染んだ感があり、テンションが上がる。途中のフードエリア等、去年以上に人が溢れているように感じた。

ビークル終わりの大量の人の流れに逆らってEARTHへ。
14時45分、RHYMESTER
ステージにJINが登場し、まずはJIN-TRO
ここから始まるライブへの期待感を煽る。
そして2MC登場!今回は黒の上下、上はなんとダウンでしかも赤いマフラーまで着用した小ジャレたいでたちで。しかし熱そうだ。
「幕張のパーティーピーポー!最初から新曲でいくぜー!」
と宇多丸。そして新曲へ。ライムは自分たちの自己紹介的な内容っぽく、リズミカルなトラックの上を軽快にマイクリレーする2MCがかっこよすぎる。ライムの中にさらっと毒を忍ばせたり、攻撃的な言葉のあとにユーモアでかわしたり、いかにもRHYMESTERなバランス感覚が素晴らしく、一聴して気にいってしまった。
続いて逃走のファンクでさらに一気にボルテージを上げるステージ。B-BOYイズムザ・グレート・アマチュアリズムなどなど畳みかけるようにアゲアゲのヒップホップアンセムをメドレーで披露。
「どうですか。このメドレー!こんだけ盛り上げちゃうとね・・・せっかくやった最初の新曲とか、印象薄くなっちゃってるでしょ!」
と師匠。会場爆笑。
「オレ、新曲ってことで裏ですげえ練習したんだけど・・・間違えました!すんません」
とDさん。
「まあ、新曲だからみんなわかんないだろうけどね。というかですね。今2時ですよ。いつもこのフェスは遅めの時間帯でやらせてもらってるんですけど、今回は早めの時間ってことでね。・・・そんなに盛り上げなくていいんですよ!(会場爆笑) こんな衣装とか!これ中田を意識してるんですけど、熱いんだよ!ステージでダウンて!この巻物とか!(←マフラー)」
と言って早々に脱ぎだす2人。
「ライムスターは、長年やってきてるんですが、初めてのベストアルバムが出ます!1月31日に。最近はこうやってフェスとかでライブやらしてもらったりして、盛り上がるからってライブは観てくれてもCD聴いたことないって人結構いると思うんだ。そんな人にもぜひ!みたいな。みたいなみたいなみたいな~!(無理矢理テンション上げ) 聴いてみてね、『あ、な~んだ、あの人たちポッと出の新人じゃないのね~』みたいなね」
と絶好調の師匠。
「次の曲はもう12年まえくらいに詞を書いた曲なんだけど、今回は新しいVer.で聴いてもらおうと思います!」
と言って、And You Don't Stop (Re-Work?ver.)へ。ここまでの盛り上がりからトーンダウンして、メロウで切ないミディアムチューン。長い歴史を持つこのグループだからこその説得力が凄い。
さらにゲストのFIRE BALLが登場してHEAT ISLAND等々を披露。スペシャルな演出に会場の空気がぐんぐん上がっていく。
「FIRE BALLは大晦日に仕事したくないって言ってたんだぞ!でもこのフェスにならって来てくれたんだぞ!」
と嬉しいエピソードも。
ここでFIRE BALLは退場し、師匠が静かに語りだす。
「最近ね・・・夜も眠れなくて、鬱なんですよ!」
これだけアゲアゲのライブをしといてこの爆弾発言。会場大爆笑。
「なんでかっていうとね・・・ついうっかり、ついうっかりライムスター武道館抑えちゃったんですよ!」
会場から暖かい拍手が。
「いやーこうやってたまに大きいステージに出るとね。なんか勘違いしちゃってね」
と師匠。
「ここに居る人みーんな俺たちのファンかとうっかり思っちゃって」
とMumm-Dも乗っかる。
「もうね。最初っから最悪の事態を想定してチケット代少しお高く設定してますから!(言ったあと『しまった!』という表情) いやほんとすげえ盛り上げるんで・・・お願いします!」
「いいですか。武道館なんてね、リップやキックが簡単にやってますけどね。・・ライムスターがやるのは彼らとはわけが違うんですから!2度あると思うなよ!」
「もうね。何年もヒップ・ホップの第一線でやってきてね。俺らだけは大丈夫、いつでもシーンを引っ張っていってくれる、と思い込まれている節があるんですけどね。・・・いつまでもライムスターがいると思うなよ!この武道館を最後に・・・解散しちゃうかもよ~♪ だから・・・お願いします!!」
と泣き落としなのか脅迫なのか、とにかく言葉が止まらない師匠。
「いつまでも あると思うな ライムスター」
とDさんも一句。
や、ほんとうにリップやキックの武道館とはわけが違う、ライムスター@武道館はぜひとも成功させていただきたいところ。
そしてラストはキングオブステージ。今回もヒップ・ホップど真ん中なのにロック・リスナーにも即効で効く熱いライブで楽しませてくれた。ベスト盤楽しみだ。

16時、KREVA
ステージで音がなり始めたときから凄い盛り上がり。そこに全身をゴールドの衣装に包んだKREVAが登場!特に煽ることもなく余裕の雰囲気でTHE SHOWを披露。このいかにもヒップ・ホップなテーマの曲をシングルで切ってヒットさせたことは、なかなか意義深かったのでは、とか思う。
さらにイントロのクラシックの音色で一気に会場が沸きあがり国民的行事、そしてさらにアゲアゲにHave a nice day!。高性能なトラックと心に響く心地いいフロウ、確実にKREVA独特の音楽が受け入れられていっているのが感じられる盛り上がり。
「ここでわがままなゲストを呼んでます。わがままっていうのはオレがつけたんだけど。みんなが名前を呼ばないと出てきてくれないんだ。それはこんな風!」
と言って歌い始めるKREVA。
「それじゃ 始めますか KREVAと ♪」
それに「SONOMI!」と答えるオーディエンス。
そしてSONOMIが登場し、ひとりじゃないのよ涙止まれよを披露。もの凄くカジュアルで飾り気のない言葉で歌われる優しいミディアムチューンは、SONOMIの伸びやかな歌声もあって、いつ聴いてもジンと胸に染み渡る。
SONOMIが去って小芝居が始まる。
「じゃあDJ SHUHO、次やる曲、お前選んでいいよ」
とのKREVAの命令にターンテーブルで音を出して返すSHUHO。
「ア、ア~レ♪」
「なんだよアレって!それは12月31日発売のバイファーザドーペスト新アルバム、だからどうしたの収録曲だろ!今日はKREVAとして呼ばれてるんだからそれはできないの!」
観客失笑。
「しょうがねえな。じゃあ熊井!お前決めてよし」
「アアアアア~レ♪」
「だからぁ、それは12月31日発売のバイファーザドーペスト新アルバム、だからどうしたの収録曲だって。そんなこといってもCUEZEROもいねえし・・・ちょっと電話してみるわ」
と携帯を取り出し、呼び出し音が鳴る中でアレ!~Let's talk about~のトラックが流れ始め、CUEZERO登場。さらにシングルとなった恥じゃないも披露。
「ありがとう!幕張いいなー。昨日大阪でもやっててそれも凄いよかったけど、こっちの方が上かもしんない」
と言いつつジャケットを脱ぐと黄色い歓声が舞う。
「こんなのでいいんだ(笑) 音とか演奏じゃなくて。・・・ここからは大ヒットチューン満載で、いや大ヒットかはわかんないけど(笑)、聴いたことあるかもって曲をやっていくんで」
といってスタート。さらに音色とメロディアスで切なくも優しいミディアムチューンを連発。
「次で最後の曲になるんだけど、これは夏の曲なんだけど、このCOUNTDOWN JAPANだけの限定冬バージョンで披露しようと思います」
といってイッサイガッサイ。サビ以外の細かい部分でも夏っぽいフレーズを全て冬バージョンに置き換えていて芸が細かい。大きな盛り上がりを見せてライブは終了。
ソロでのスタートから2年半、確固たるベースが築かれつつあるような、安定して力強く遊び心もある貫禄のステージだった。

ここで小休憩。
軽く食事などを摂っていたような(記憶曖昧)。
→1/6追記:物販エリアにも行きまして、オフィシャルTの紺×黄の売り切れにへこみつつ、黒×グラデTと黒×黄フェイスタオルを購入。100sの黒Tとピンバッチつかみ取り1つを購入。STANの青Tを購入。したんだった。

17時45分、NIRGILIS
MOON STAGEはなかなかの盛況っぷりでわりと後方に陣取ってライブスタートを待つ。ドラム等、本人がサウンドチェックをしていて、気持ちのいいフレーズをたたき出したりしていて、期待感を煽る。
そしてライブスタート。ノリノリのダンスビートに乗って跳ねるようにしてメンバーがステージに登場!特にアッチュは両腕を高々と上げ、のっけからハイテンション。
「カウントダウン ジャパーン!!」
との叫びもどこまでも甲高く。
そして鳴りだしたイントロは24サーチライト。快楽性の高いギターのループと躍動する4つ打ちのビートが凄まじく気持ちいい。そんな強力なサウンドに乗るアッチュの歌唱&パフォーマンスも素晴らしく弾けていてどこまでもパワフル。
「まあね、2006年ももうちょっとでおしまいですよ。あと数時間で2007年になってしまいますけども・・・お年玉なんていらな―――――い!!愛をちょうだ――――い!!」
と叫ぶMCもどこまでもキレッキレでかっこよすぎるぞ、アッチュ。
首からぶら下げた大きなバナナのポーチから何かを最前の観客に向けてばら撒いていたけれど、漏れ聞いた話では避妊具だったのだとか。流石。(なにが)
途中フリーセッションのような状態になり、めくるめくインプロが披露される中でドラマーと向き合ってドンドコと凄い勢いでドラムをたたき出したり、とにかくアッチュのエキセントリックなくらいのぶっ飛んだパフォーマンスが素晴らしい。
最新シングルsnow kissも披露され、ラストはやはりsakura。イントロから一気にフロアの熱が上がる最強ライブチューンでライブ終了。
初NIRGILISだったのだけど、もう圧巻の素晴らしい内容だった。ポップ感がありつつ、機能的で創意工夫の凝らされたリズムやインプロは音楽好きもうなる玄人なものだし、アッチュのパフォーマーとしてのスキルはちょっと凄いものがあるように思った。今後も要注目したい。

といったところでこの日の前半戦は終了。
食事を取ったり、リクライニングエリアで休憩したり、ブログ仲間の方とお会いしたりしてまったりとした時間を過ごす。
このあとの年越しまでのノンストップな予定を前に体力温存。

といったところで続きます。次はいよいよEARTH STAGE21時から行なわれた100sから。
[PR]
by kngordinaries | 2007-01-04 01:59 | ライブ


<< Pocky×100sコラボCM... CDJ1日終了! >>