アナログフィッシュ SPRING SCRAMBLE SESSIONS 名古屋 CLUB QUATTRO 
アナログフィッシュ、そしてクラムボン。

1月にこの対バンのアナウンスがあった時点では、クラムボンは存在をぼんやり知っている程度で、曲の一つも思い浮かばないバンドだったのだけど、予習がてら聴き始めてみて一気にハマってしまった。

きらびやかな鍵盤を中心に時にグルーヴィーに時にタイトに世界を彩るカラフルで豊かな3ピースのバンドサウンド。どこまでも穏やかで伸びやかな原田郁子の歌声と倍音がかったような低音が心地いいミトの歌声。的確で心を弾ませる大介のドラム。
もうなんでこれまで聴いてなかったんだろう、と思わずにはいられない、人生損してたみたいな衝撃。

一方のアナログフィッシュはというと、このライブを前にちょっと久々に「ROCK IS HARMONY」を聴き返してみたりした。
びっくりした。1曲1曲、恐ろしくいい。こんなにも名盤だったっかとメカラウロコ。そして「公平なワールド」という曲の強引なほどに強力な引力は、やはり飛びぬけていると思った。

そんな感じである。
何が言いたいかというと、つまり個人的にこの対バンがもの凄く素敵な素晴らしいものだと思っていて、半端なく期待を高めて臨んだということです。長々すいません。

ここのところアナログフィッシュの名古屋公演といえばここ、という感じになってきている名古屋クラブクアトロ。
開演30分前にフロアに出てみると、すでに多くの観客が入っていた。これまでの名古屋でのアナログライブの動員をこの時点であきらかに超えている。
下岡側の端のほうの3列目あたりで開演直前に振り替えったところ、フロア後方の入り口の辺りまでびっしりと人で埋まっていた。
いやあアナログフィッシュもついにここまできたか、なんて思うほど妄信的ではない私は、クラムボンありがとう、と心の中で呟きつつ、開演を待った。

ステージ左にはキーボード、真ん中にはMTR(?)、右にはドラムセットが置かれている。まずはクラムボンからスタートのようだ。初クラムボン、どんなだろう。






客電が落ちてクラムボンの3人がステージに登場する。リラックスしたナチュラルなたたずまいで配置につくと、すっと演奏が始まる。パンと弾けるような鮮やかな鍵盤が奏でるメロディにベースとドラムがビートを加えると心地いいグルーヴが生まれていく。
まずカマシたり叩きつけたりするライブばかり観てるせいか、こんな柔らかなライブの始まりはちょっと新鮮だった。冒頭は知らない曲が続いたのだけど、全然楽しい。柔らかかつグルーヴィーな演奏と気持ちよく伸びる歌声が耳心地よすぎて心が躍る。
「こんばんは。クラムボンです。まずは呼んでくれたアナログフィッシュ、ありがとう」
と2曲くらい終わったところでミトくんの挨拶。会場から拍手が巻き起こる。
続いてシカゴへ。
イントロの鍵盤で拍手と歓声が巻き起こる。ミトによる優しいコーラスもソウルフルなメロディをエモーショナルに歌い上げる郁子の歌声も曲が進むにつれて熱を帯びていく、ライブ開始からじわりじわりと緩やかに上がりっぱなしだった温度がここにきて音楽を楽しむ適温まで到達したような感触。
「楽しいね。アナログフィッシュ、ありがとう!ありがとー!」
と、ステージ裏に向けて言葉を投げかける郁子嬢。
「昔、私ケーブルテレビで司会をやってたことがあったんだけど。・・・こんな感じだから全然向いてなくて、ちょっとの間だけやって、すぐやめたんだけど・・・」
とちょっとシュンとする。
「大丈夫、大丈夫」
とミト。
「うん、大丈夫。そこでアナログフィッシュの3人にゲストで出てもらったことがあったんですね。音源聴いたらすごく良くて。それを3人に伝えたら、顔がポッてなってました。照れて赤くなっちゃって」
会場笑。
「今日は3ピース対決、受けて立ちます!負けないわよ」
等々、なんだか不思議と軽やかな雰囲気のMCに和む和む。
中盤では5月発売予定のニューアルバムからの新曲等、テンポアップしていく。
波音のSEから静かな雰囲気を作り出しての波よせてでは幻想的で感情が溢れそうになるような美しい世界を魅せる。が、後半の展開を間違えたミトくんが
「あ、間違えた!」
とぶっちゃけ、会場爆笑。となりつつ、演奏は進み「じゃあ、もう1回そこからいこうか」という言葉でもう一度繰り返される演奏。穏やかな流れの中で気持ちよく自然に音楽が続いていった。
そして続く便箋歌。郁子嬢の語りの部分、「だめだめな人ね」のくだりで「今日はオレだね」と素直に告白してしまうミト。
会場笑。とてもフラットにライブと向き合っていることがよく分かる、自然なリラックスした雰囲気がいいなー。
ちなみにミトくんは基本ベースなのだけど、素敵コーラスはもちろんで、ときにMTR、ときにギター、といろんなかたちで豊かな音世界を構築する役割を果たしていて、ソングライターとしてもこのバンドの中核のようだし、相当な音楽職人なのだなという印象をもった。
ドラマチックな展開と緊張感のある演奏が抜群だったカルアミルク、切なくて切なくて狂おしいほどポップな雲ゆきとぐんぐんと演奏は熱を上げ、丁寧に繊細に音が重ねられていく。
そしてサラウンド
最高潮に熱気を帯びたフロアから拍手が巻き起こる。彼らの代表曲といってもいい音楽の無限の力を歌ったパワフルで優しくて爽快な最高のポップチューン。
原田郁子の歌声もここ一番、どこまでも確信的な力強さに満ちて、バンドの演奏のテンションと一体となって大きなうねりを起こしながら最高潮に熱くソウルフルになっていく。最高だった。圧巻だった。
「5月にMusicalっていうアルバムを出します。(会場から「買うよー」の声) うん!きっと、買って!(笑)」
と郁子。なんだろう、この人は。妖精のようなふわりとしたたたずまい。
「最後はその5月に出るアルバムからもう1曲」
鍵盤の強いアタックが印象的なパーティーっぽい雰囲気のアップチューンの新曲でクラムボンのライブはたっぷり60分ちょっとで終了。

クラムボンの素敵ライブが終わり、ステージ転換が行われる。
ドラムは斉藤本人が出てきて音を確かめていた。

そしてもはやおなじみ、FLAMING LIPSを出囃子にアナログフィッシュの3人が登場!
佐々木が例のごとくステージ前方まで出てきて煽る煽る。が、いつもの激しいパフォーマンスではなく、少々抑え目。なんだけど、そのゆるい動き&ゆるい変顔が逆に怖い。勢いでぐちゃーっとやるよりなんか怖い。
「なごやー! なごやー! なごやー! なごやー!」
としつこいくらい連呼して1曲目が鳴らされる。アンセムだ。
パーッと視界が開けていくような力強い希望を感じるポップチューンでライブスタート。いきなり熱気に包まれるフロア。
続いてはLOW。ぐるぐるどうしようもなく堂々巡りするAメロBメロから感情を爆発させつつポップに弾けるサビが最高なポップチューン。かなり初期の1曲だけど、いまだ全然色褪せない強い曲だ。というかこのバンドの曲はほぼほぼ全部発明品のような曲ばかりだと改めて思う。
そして
「新曲をやります!SUN!」
という佐々木の紹介から未発表の新曲SUN(表記不明)。「ハローブラザー!調子どうだい?」といったふうに最大公約数に向かって投げかける開けたポップチューン。1月のワンマンでも披露されていたと思うけど、佐々木の歌声の気持ちよく伸びる部分を使った明快なメロが抜群な名曲だ。
「こんばんは。アナログフィッシュです」
と斉藤。
「たーのしーねー♪」
と大分アレなテンションの斉藤。
「朝食は美味いし。天気はいいし。・・・・・・・ライブは最高だし!(会場大拍手) 言うことないよね」
ともうテンション上がり倒しているようす。
「1月名古屋に来たあとからずっと僕らは曲作りをしていたんですけど、あの、どんどん曲ができていて、その中からもう1曲やります」
と佐々木。そして次の言葉が出てこず何度もどもる。会場笑。
「ぼ、僕はいつも、僕の大事な人によって潤ってます。ハッピーエンド」
というようなことを言う(よく聞き取れず)。
そしてまたまた未発表の新曲ハッピーエンドへ。曲タイトルのわりに少し暗めなトーンのシリアスでエモーショナルなミディアムチューン。ところどころ聴き取れた歌詞からして、佐々木のラブソングの新たな強力な1曲になりそうだ。
そして立て続けにガールフレンドへ。優しいコーラスワークが心地いい魅惑のポップチューンに酔わされた。
一気に5曲佐々木曲が続いたところで、ここでようやく下岡が口を開く。
「今日はたくさんの人が来てくれてどうもありがとう。そしてクラムボン、ありがとう」
とまずは感謝の言葉を。
「昔ケーブルTVの番組に出させてもらった時に郁子さんがいいねって言ってくれた曲をやります。・・・頬は赤くなってなかったと思うけど(笑)」
といってギターのイントロを奏でだす。フロアから歓声があがる。そしてピタリと演奏が止まり、小さな小さな3声のコーラスがフロアに響く。
「・・・です。 夕暮れです。 夕暮れです。 夕暮れです」
夕暮れ。幻想的な世界観、そこに見え隠れする狂気、ダイナミックにポップなアレンジ、強烈なインパクトを与えるユニークなコーラスワーク、初期の曲の中でも異彩を放つ超名曲。圧倒的な迫力に息を呑む。
「ちょっとメロウな曲をやります。出かけた」
と言って出かけたへ。穏やかな始まりからゆっくりと熱を上げていく演奏が身震いするぐらい素晴らしい。散歩に出かけた、というとても日常的な出来事の中での感情にまでも含まれている雑多な問題意識をまんま詰め込んだ下岡流メッセージソング。アウトロの演奏が爆発していくパートは圧巻で、特に下岡のギターはかきむしる様に、叩きつけるように、パフォーマンスも含めソリッドで激しかった。
このへんでMC。
「今日はいつも以上にポカリもおいしいです!」
と相変わらずテンションの高い斉藤。
「え、ポカリには凄い力があって、今日僕は2本飲んでるんで、まだまだ行けます!」
と佐々木。前回に引き続きなんなんだろう、そのポカリ崇拝は。
「ほんとにケーブルテレビのときも、まだ僕らなんてインディーズでCD出したかどうかくらいのときだったのに、(クラムボンの)アルバムを全部送ってくれたりして。・・・いつか一緒にライブをさせていただけたらな、と思っていたので、嬉しいです」
との下岡の言葉にどこからか「ありがとー」の声が。アナログフィッシュの面々がステージ裏を振り返っていたので、多分クラムボンのメンバーが発していたのだろう。めちゃくちゃ微笑ましい光景。
そして次の曲のイントロが始まると佐々木のあの煽りが炸裂してフロアの熱を上げていく。下岡が口を開く。
「ハローハローハロー、アナログフィッシュです!」
そしてHelloへ。
もう最初のギターのストロークから世界は無限大に広がって、目の前の世界はカラフルに彩られていく。どうしようもなく魔法がかった強力な1曲。フロアの熱は最高潮に高まっていく。
そして
「ワン、ツー、シーロォクロック!!」
というこのうえなく爽快な斉藤のカウントから白黒ックへ!個人的に彼らとの出会いの1曲でもある会心のロックチューン。心情を色に例えた秀逸な歌詞と伸びやかなコーラスとくるくると表情を変えるアレンジ、このバンドのポップな部分の魅力を凝縮したような初期の名曲。
そして
「エナジー!」
という佐々木のシャウトからエナジー。早くて軽快なテンポで混沌とした思いを切り裂いていくパワフルなロックチューン。
気持ちよく音に乗っているとプツリと不自然に途切れるようなかたちで音が止まる。というかステージ上の3人の動きも止まる。しばらく、ステージ・フロアともに沈黙。と、ここで佐々木が動きだしてぐにゃりぐにゃりと彼独特の奇妙な動きをこのうえなくスローリーに行いながら、もちろん顔はこの世の物とも思えない形相で、マイクスタンドににじり寄っていく、そして。
「スピード!!」
で、一気に放たれるバンドサウンドとフロアの熱!なんかよくわからないし、夢に出そうな恐いものを見た気もするのだけど、もうこの際関係ない。さらにさらにギアを上げていくバンドの音に乗って踊るしかない。
そして下岡MC。
「ありがとう。さっきも言ったけど、僕らは今曲をいっぱい作っていて、1回のライブでは見せきれないくらいで出来てきていて、どれもすごくいいできなので、今後の僕らの動きに注目していてください。・・・さっきから健ちゃんがたくさん新曲を披露してますが、最後に僕も1曲だけど聴いてもらおうと思います。さよなら90'sと言います」
と言って、未発表の新曲さよなら90's。ゆったりとしたテンポのなか、印象的なきらめくようなギターイントロが奏でられ、そして噛みしめるように放たれる一語一語が切なく心に響くミディアムチューン。この世界とのかかわり方を模索する青年の心模様というところではIwashiや公平なワールドと地続きではあるのだけど、サビのふわりとした「LOVE」の掛け合いに象徴的な、どこか肩の力が抜けた、優しい目線で歌われた大きな1曲だと思った。「ROCK IS HARMONY」のなかで言いたかったことがシンプルに削ぎ落とされて結晶化されてこの曲になったのかもしれない。
そんな1曲を最後にライブ本編は終了。

熱い熱いアンコールの拍手にアナログの3人が再びステージへ。
そして下岡が口を開く。
「アンコール、何をやろうかと思って考えてたんですけど・・・郁子さまからリクエストがありまして。 (会場拍手) その曲をやらせていただこうかと思います。バタフライ」
で、バタフライへ。のどかな雰囲気の出だしからはちゃめちゃに勢いを増していく後半の展開まで、アナログフィッシュのディープゾーンの魅力に溢れた超重要曲。郁子さま、さすがにお目が高い。「ラッセー」からフロアはぐちゃぐちゃな盛り上がり。た、楽しすぎる。
両バンドの気持ち・音楽的交流までが表現された魅惑の対バンライブはここで終了。

もうなんていうか、ほんとにこのうえなく素晴らしい対バンイベントだったと思う。
もちろんそれぞれのファンにはそれぞれのワンマンでの深い世界のほうが観たいという部分もあるかとは思うけれど。とにかく当然ながら音楽的な楽しさと、そしてミュージシャンたちの人間的魅力がわかりやすく提示された、最高のライブだった。

クラムボンのライブはこれまでに体験したことがないほんのりと気持ちから暖かくなっていくようなライブで新鮮だったし、アナログはこれまでと同じく、隅から隅まで楽しいライブだった。


どこかしら音楽への向き合い方に共通項があるのだけど、それぞれに独特の強烈な個性があるため、似たもの同士とは口が裂けても言えない。アナログフィッシュのこの春のツアーSPRING SCRUMBLE SESSIONSはそんな2組が同じステージに上がる対バンツアーになっていると思う。
アナログフィッシュ自身のオファーで集まっただろう各バンドは、レコード会社やマネジメントの繋がりとか、アマチュア時代からの友人とか、そういった関係性よりも音楽的なシンパシーと畏敬の念のある面々が選ばれていて、それはバンドたちにとって幸福なだけでなく観客にとっても幸福な素晴らしいものになったと思う。

まあしかし、何はさておき「さよなら90's」である。もちろん「SUN」も「ハッピーエンド」も見逃せない。
アナログフィッシュの2007モードの片鱗が味わえたことは本当に嬉しいことだった。しかもその内容が素晴らしく充実していて、まだまだ大枠さえつかめないような、期待感を高めるものなのだからなおさらだ。
次の展開を心して待ちたい。というか待てない!早急にライブ情報かリリース情報を求む。
[PR]
by kngordinaries | 2007-04-22 15:42 | ライブ


<< GOING UNDER GRO... RIJF07、RSRF07、出... >>