ROCK IN JAPAN FES.2007 2日目 その1
10時前に会場に到着し、DJブースから流れてくる音に乗ったり物販を眺めたりしながらふわふわとGRASS側でフェスの空間を過ごす。
渋谷陽一の朝礼が始まる。一組目の紹介がいつになく熱っぽい。そのロックのグルーヴの本物さと凶暴な衝動を、「彼らがこの国のロックに与えた教育効果は計り知れない」という言葉で表現する。うーん、納得。

11時、The Birthday
チバがひたちなかのステージに立つのが初めてだというんだから、多分初めて観るんだろう。なんだか全然そんな気がしないのは、彼らの演奏が音源で聴いてる時点から異様なくらいライブ感に溢れているからだろう。
全員黒の衣装に身を包み、真夏の太陽に照らされながらズッシリとヘヴィなグルーヴでロックンロールが鳴り始める。あのチバの声がマイクから放たれるのを聴くだけでちょっとゾクッとする。
別に極端にハードだったり音がでかいわけでもないのに、とても耳やかましく、ヒリヒリと焦がすような強いビートが、なんだかもう迫力勝ちだった。

The Birthdayを3曲くらい聴いてから、LAKE STAGEへ向かう。

11時50分、Super Butter Dog
もうメンバーがステージに登場した瞬間から大歓声。LAKE STAGEびっしりの埋まり具合といい、このバンドの復活への歓喜が爆発している。
1曲目はマッケンLo。いきなり濃いい、激暑のファンクチューン!髪を紅く染めた永積くんの歌声の楽しそうなことといったらない。このドープでファンキーな音のうねりの中を水を得た魚のように泳ぎまくっている。
さらにはコミュニケーション・ブレイクダンス!!もんどりうって地団駄踏んで、泣きながら笑ってるようなせつなファンク。
日本語のチョイスといい、これだけ色濃いファンクでありながらポップな広がりを持つ高性能な楽曲といい、本当に稀有な貴重なバンドだと改めて思わされる。そりゃあ、これだけ多くの人をこれだけ踊り狂わせるわけだ。
ピースフルな空気感を持ったミディアムチューンの新曲を挟んだりしながら、ライブは後半へ。
「ここでスペシャルゲストを呼んでます!セクシーとマボロシというユニットもやっている、Mummy-D!!」
という永積くんの呼び込みでなんとMummy-Dが登場!そしてこのスペシャルなコラボレーションで日々GO GOを披露。Mummy-Dはアドリブもちらっと織り交ぜたお決まりのフローでこのバンドのファンクなグルーヴに完全に溶け込んでいた。
曲終わりでは、
「マボロシ!」「Super Butter Dog!」
とかMummy-Dと永積くんでお互いに賛美しあっていた。
「ハナレグミ!」「・・・100s!」
とか段々あまり関係ないとこまでいろいろ言っていた。
「明日、朝一からセクシーとモーニングファンクやってるんで良かったら遊びに来てください!」
と去り際に自らの宣伝もかかさないMummy-D。ちなみにセクシーとはSBDのギタリストであり、マボロシの片腕竹内朋康の通称です。
そしてラストチューンはセ・ツ・ナ。とにかくどこまでもステージ上のメンバーが楽しくてしょうがないといった風情なのが印象的だった。

文句なし。最高のライブだった。
濃いいファンクでありながら、とても間口の広い腰にくるライブ空間。
ヒップホップのライムスターのメンバーは飛び入りするし、100sのメンバーはいるし、ボーカルはハナレグミだし、ギターは新感覚のミクスチャーユニット・マボロシのメンバーだし。
音楽のいろんな面白味、旨味ををぎゅぎゅっと凝縮して放射するような、素敵ライブだった。

SBDライブの興奮も冷めやらぬまま、続いてはSOUND OF FORESTへ移動。
ちょうど木陰に入る涼しいポジションを確保し、ライブ開始を待つ。

12時40分ごろ、SPECIAL OTHERS
STARではじまった瞬間、会場全体の盛り上がりが凄い。インストバンドだし、音もそんなに勢いや熱があるわけじゃないので、もっとゆったりとした感じの盛り上がりかと勝手に予想していたけれど、いい意味で裏切られた。
絶妙なあうんの呼吸を感じるアンサンブルと、一気に熱を上げる決めポイントの緩急のつけ方がとても心地いい。
キラキラとした音の粒を振りまくキーボードが暑い夏の野外に涼しげな風を吹かせる。
後半はAIMSなどキラーチューンを織り交ぜてさらに盛り上がっていった。スカパラとかの享楽的な感じではないけれど、気持ちのいい盛り上がりを見せるインストバンドだった。

ここからしばらく休憩。
ゆっくりのんびりと木陰で過ごす。
長年のブログ仲間の方とつながりにくい携帯でなんとか連絡を取り合い、会っていろいろとお話する。STANのメンバーについていろいろと裏話がとてもとても興味深かった(謎)。
食事も取りつつまったりしていると続いてのお目当ての時間がきて、WING TENTへ。

14時50分ごろ、monobright
若者の苦悩と衝動の叫びとしての真っ当に素晴らしいロックを鳴らしながら、珍妙なキャラクタで笑わせまくるライブを一度観たときから、またもう一度ライブを観たくてしょうがなかったバンド。
登場から異常なハイテンションでボーカル桃野が観客を煽る。
「もうね!全部出すしかないんですよ!全部出してね、もう・・・死にます!今日が命日です!」
などなど倒錯してるというか、混乱してるというか、わけの分からなさが相変わらず凄いのだけど、その一つ一つが決めポーズというか、冷静な判断の中で一枚ずつきられる手札のようだった。テンパっているかのように見せるのが芸風である爆笑問題太田光を思わせる。
この圧倒的にグルーヴを熟知したアンサンブルと、いちいち綺麗にツボをつきながら衝動を音に変換する巧みなテクニック、しなやかなポップ感。このバンドに強く感じるのはそのつんのめったライブスタイルとはカードの裏表のように存在する知性だ。クレバー過ぎてストレンジ。
そして、そんな全体のバンド感や、世の中への打って出方は凄く素晴らしいのだけど、まだ決定的な1曲がないような気がする。バンドの面白さを超える圧倒的な1曲がまだないし、でも絶対鳴らせるバンドだと思うので、そのときが楽しみでしょうがない。しかもそれがどんな曲かは想像もつかないところが、またいい。

といった感じでなんとなくまったりと過ぎていった2日目前半。ここからは怒涛の後半へ。続く。
[PR]
by kngordinaries | 2007-08-21 01:11 | ライブ


<< ASIAN KUNG-FU G... 夕凪の街 桜の国 >>