ひとり股旅スペシャル@広島市民球場 開演前
10月30日、午前10時半ごろ新幹線のぞみを降り、広島駅のホームに降り立った。

雨が降っていない。降水確率は午前中が90%、午後6時までが70%だったので、意外な状況にさらにテンションが上がる。
駅のお土産売り場のいっかくに民生弁当のコーナーを発見。人が群がり携帯のシャッター音が響いていた。僕は、これからライブに参加するのだし、携帯のカメラがモノクロか!っていうくらい性能が悪いので遠慮して会場へ。

11時半ごろ、会場である広島市民球場に到着。バルーンでできたカープ選手がバットでなくギターを構えて待っていた。なんとなくOT似?お金がかかっている。
球場前はグッズ売り場やミュージシャン等関係者からの花束等、目を引くものがいろいろ。TVかDVD用かの撮影クルーも所々に。そしてOTファンが所狭しとうじゃうじゃ。これだけOTファンが集まった場があることに感激してしまう。
そのころには曇り空の隙間から暖かい陽がさし始めていた。

12時ごろ、球場の裏側に回るとグッズ売り場がそこここに、しかしその全てに行列が続いている。視界に入る人たちの身につける過去のOTグッズも目に楽しい。さらに周辺には広島名物の焼き牡蠣、広島焼き等の飲食露店がズラリと立ち並んでおり、果てには高校生の運営する学園祭のりの露店がたくさん。ちょっとやりすぎムードながらお祭り気分は俄然高まる。

12時半ごろ、とりあえずグッズ購入。マストな光るライオンTシャツ(S)、beams×OT赤パン(L)、武運復刻とそれプラスその場の勢いで小物をいくつか。諭吉が飛んでいった・・・・。
続いて「民生弁当」で腹ごしらえ。むすびのむさしというOTご贔屓の広島のおむすび屋さんの期間限定品。中身は「山賊むすび」(でかい)に、OTの好物「鳥の唐揚げ」と「焼きそばオタフクソース付き」等。山賊むすびのかぶりつく感じと味がとてもいい感じ。
上着を脱いで長袖Tシャツ一枚になっても暑いくらいになってきたので、そのまま日向ぼっこしながら武運復刻を読んだり、周辺をウォッチングしながら過ごす。

13時55分、少し球場から離れていて戻ってみると、早くも開場していた。大規模なライブなのにまったくストレスなく入場。まず目に入ったのは、セカンドベース手前位置の小さなステージ!座席はホームベースから少し一塁側に行ったあたりで内野1階席の中では後ろぎみ。席に着くと入場時に渡された風船と号外に目を通す。さすがにまだ客席はまばら。スクリーンではビジョンに客席の様子やドラマーシャルや地元番組での今年のOTの特集っぷり、広島FMによるいろんなアーティストからのOT激励コメントなど、いちいち楽しい。特にカープの応援歌を流しての風船飛ばしのタイミングのレクチャーや「本日のもっとも活躍されたミュージシャンにはモストエキサイティングプレイヤー、MEP賞と○○社より○が送られます」といったウグイス嬢のアナウンスに客席から笑い声が。

15時半、ステージにちょこちょこスタッフの方々がギターやらなにやらを運び始める。入場時にはまばらだった客席も8割以上埋まりいよいよといった印象。

16時、開演時間。しかしまだ食べ物を買う人や入場の人が通路にたくさんいた。30000人もいたら当然のことだけど、僕と連れは無言になっていつ始まるかとじりじりしていた。

16時15分、ウグイス嬢アナウンスのあと、まだ夕陽が強く差すグラウンドのバックスクリーンの真ん中から作務衣を着て頭にタオルを巻いたOTがゆっくり登場。すでに席が埋まりきった客席から拍手と歓声があがる。

そして意外な人物の登場とともにひとり股旅スペシャル@広島市民球場のステージは始まった!


続く。
[PR]
by kngordinaries | 2004-10-31 20:20 | ライブ


<< ひとり股旅スペシャル@広島市民... OTありがとう!! >>