ひとり股旅スペシャル@広島市民球場 ライブレポート
「プレイボール!!」

野球場にふさわしく審判員の高らかなかけ声。
数秒後、OTが演奏をスタート、曲は「ふれあい」。GOLDBLEND収録のスローでヘビーなバラードだ。
「愛と勇気を 分けてくれないか」
確かな演奏と歌は静かにシンプルに軽やかに始まった。6年前の武道館の演奏前の沈黙と弾き始めの緊張感とはまったく違う。自信に満ちているような気がした。
演奏中は常にバックスクリーン中のビジョンにOTの姿が映されていて、表情やギターを弾く動きまでよく見える。
曲が始まりしばらくすると普段打者の名前が表示されるところに曲目が出るのだけど、それが文字数の限界のせいでちょっと面白いものが多かった。さらに得点のところの1回表のところには1曲ごとに1点足されていくようになっていた。

ブルースっぽい「荒野を行く」のかっこよさにしびれていると聴きなれない曲が始まった。
誰かのカバーかと思いながらスクリーンに注目していると「新曲」と表示された。ここまでの2曲よりリズムの強いロックな勢いのある感じ。歌詞の内容がステージで歌うとぞくぞくするぜ、みたいなOTにとってのライブとはなにかをいっていたように思う。LION以降にまだこんなにかっこいい曲がストックされてるなんて!いまのOTは本当にのりにのっている。

「スカイウォーカー」「ブルース」「羊の歩み」「野ばら」
OTの曲の中でもアコギの似合う曲が次々に鳴らされ歌われる。どれもいい。個人的に「羊の歩み」「野ばら」は大好きな曲だったので嬉しかった。

「たったった」
歌に関して歌ったこの曲は、歌とギター演奏のみのこういう場で歌われるとさらにぐっとくる。
「アメリカの若者の夢」という歌詞を「広島の若者の夢」と歌いかえていたことも心憎い。

「イオン」「アーリーサマー」
この2曲はOTの独特な歌声と歌詞の魅力を最高に高めた2曲だと僕は思っていて、ぞくぞくするほど素晴らしかった。

ここまで10曲の中でMCはあまりなかった。いやあまり内容がなかったというほうが正解かも!ぼそりとつぶやいたり、客席の声に反応したりでチューニングの間を持たす技は、いつもどおり冴え渡っていたけれど。天気のことも言っていたと思う。(雨なら雨でどさくさにまぎれてできたのに、とか)
選曲は6年前のひとり股旅のときには産まれてなかった曲が多く、GOLDBLENDからが大目だ。E、LIONはOTが演奏重視な嗜好になっているためか弾き語りの似合う曲が少ないからだと推測。最近のOTによる今バージョンのライブだ。「やきなおし」じゃない
客席は少しずつ温度を上げていっている感じがした。静かに聞き入り曲終わりには熱のこもった拍手が起こっていた。
あと気づいたことを一つ、今回はお酒とタバコがなかった。曲間にはミネラルウォーターかお茶のようなものを飲んでいた。

「桜の季節」「君という花」
スクリーンの表示のままいうと「フジファブ」と「アジカン」の曲のカバー。事務所の後輩と超OTファンのボーカルがいるバンド。彼らも球場のどこかで観ていたのかな?どちらもOTの作風と微妙に重なるところがあった。特に「君という花」は歌いだしで歓声が上がり手拍子が起こるなど大盛り上がりだった。

「最後のニュース」
「陽水」なんて表示でいいのか。でも井上じゃわからんし。バンドでやるときと変わらぬ熱唱!この曲、バンドのときのように演奏の素晴らしさに気がいったりすることなく、詩がズンと重く伝わってきた。演奏後少し拍手が起こるのに間があったと思う。圧巻。

ここでOTがここまでなかった曲前のMCをした。
「では・・・次は今回のために覚えてきた曲を」
わざわざの前置きに期待する一同。
イントロが鳴らされた次の瞬間だった。
場内爆笑!
正直僕は次のフレーズが来るまでわからなかった。それは冬のソナタの主題歌
「最初から今まで」(あってる?)
ちゃんと韓国語バージョンのようで、とても感情を込めた吐息まじりの色っぽい歌いっぷりに最後まで笑いと一部女性ファンの歓声が止まなかった。
ここでOTの休憩宣言。いつものひとり股旅の退場曲(斉藤有太作曲)を流し、OTは1塁側ベンチにはけていった。会場には20分の休憩とのアナウンスが流れた。

休憩中はスライリー(?)というカープのキャラクターのきぐるみが登場して色々パフォーマンスをしていた。最後にカープ応援歌に乗せてジェット風船を30000人が一斉発射!ライブとなんの関係があるのか分からないのに楽しい。

そして後半(スクリーン的には1回裏)、OTの広島魂が爆発!?


続きはまた。
[PR]
by kngordinaries | 2004-11-01 00:55 | ライブ


<< ひとり股旅スペシャル@広島市民... ひとり股旅スペシャル@広島市民... >>