ひとり股旅スペシャル@広島市民球場 ライブレポート3
時刻はもう夜の7時、秋の夜でも寒さを感じなかったのは、球場にいる人たちの熱気のせいだったのかもしれない。

OTはすでに26曲、休憩含め3時間弱のステージを終えた。その1曲1曲にここにいる30000人の様々な想いがあって、それ以外の曲にももちろんあって、ここにいない人にもさらにたくさんの想いがあって、それらに共通するのはOTの歌声と言葉だったわけで。
6年前のひとり股旅とあまりセットがかぶっていないのは、OTがここを10年の総決算とか一つの到達点にしようという気持ちがないことの証明だった。ころがったらこのまま で やってもやってもまだ まだ足りない OTは、立ち止まらずあせらず進みつづけるようだった。
それがうれしかった。

そんなこんなでOTがアンコールに答え、三度笑顔で登場!
大声援につつまれてなんどか「ありがとう」といったあと演奏を始める。

「すばらしい日々」
ユニコーンのラストシングルでひとり股旅では必ずといっていいほど演奏される定番の1曲。バラードともアップテンポともつかない曲調になんの答えも示さない歌詞、それをのびのびと歌うのがOTにとても似合っていて、この曲をOTのベストに挙げる人が多いのも納得。
けして分かりやすいリップサービスやコール&レスポンスもないOTのステージは、いつもアンコールのころに不思議な一体感に包まれる。この日もいつもより大分広い会場で同じような雰囲気になった。

1曲歌い終わりまた何度も「ありがとう」といってOTはまたステージをあとにする。「すばらしい日々」の最中から切れ目なく続いていた手拍子がそのままアンコールの手拍子になる。
まだ聴きたい!もっと聴きたい!
そんな気持ちからか、ただお祭り気分でもりあがっちゃったのか、レフト横の内野席からウェーブが起こった。凄いなぁとか思っているうちに、球場は丸いのでぐるっとまわって僕のほうに来た。立った。座った。その間もみんなアンコールの拍手は続けている。器用だ。

会場がでかいのでウェーブがライトまでくるのに何分かかったのか、いつのまにかOT登場!!勢いあまってまだウェーブは続き、バックスクリーンをはさんでまだ続く。それをポカーンとした表情で見つめるOT、そして内野席の僕達。
ウェーブが一回りしたころ、OTがステージに上がった。しかしまだ勢いあまってウェーブは続きそうだったが、この辺でさすがに自分達が何しにきたかに気づいた様子で、ホームベース手前で静まった。

マイクに拾われるか拾われないかのところでOTが感心したような馬鹿にしたような感想を言う。そして
「せっかく練習したんで・・・」
と、言って弾き始めたのは冬のソナタ!もとい
「最初から今まで」
OTの熱っぽく湿った吐息まじりの歌声に観客から嬌声と笑いが起こる。2度目なのにちゃんとフルで歌いきると、ちょっと感動してしまうから不思議。いやOTソングとは違った意味でなかなかいい曲なのだ。球場のそこここから「タミ様」コールが巻き起こりOT苦笑。

「CUSTOM」
そろそろ最後の曲かというところでこの曲。本編ラスト4曲あたりから全部の曲で巻き起こっていた手拍子がぴたりと止んで、OTの演奏と歌が球場全体に響いた。
OTがなんでギターを弾くのか、歌を歌うのか、それはこの曲とそれを歌うOTの姿から伝わってくる。
「声が 音が 空に 浮かんで 届け 届け 響け そう響け」
ここにいたっても歌声は伸びやかで熱かった。演奏の集中力も途切れることなく、力強く響き渡っていた。
「山と 海と 飛び越え 鳴らせ 彼方へ 飛ばせ 届いてる?」

割れんばかりの拍手と歓声のなかOTは今日何回目かの「ありがとう」を言い、両手を挙げて歓声に答える。
そして会場のライトが一つずつ消えていきあたりが暗くなっていった。最後にOTを照らすピンスポ1本が消えた瞬間、大きな爆発音。

きらきらに輝く空に上っていくような花火だ。

ちょっとずるいくらいに素晴らしい演出。最高だった。
その後、OTはぐるりとグラウンドを回りながら客席にボールを投げ、最後にわらわらと集まってきたこのライブのスタッフであろう人達に胴上げされ、宙を舞った。そしてほっとしたような様子で1塁側ベンチに消えていった。
おつかれ、OT。

ビジョンにはこのライブに携わった人への感謝のメッセージが流れ、ウグイス嬢が本日のMEP(OTでした)を発表し、ひとり股旅スペシャル@広島市民球場は幕を閉じた。

本当におつかれOT、そしてありがとう。



http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/HITandRUN/HR/vaio/okuda/index.html
http://blog.excite.co.jp/ot/
http://www.ot10.net/
[PR]
by kngordinaries | 2004-11-01 23:38 | ライブ


<< TRICERATOPS&quo... ひとり股旅スペシャル@広島市民... >>