カテゴリ:ライブ( 112 )
ROCK IN JAPAN 2006の過ごし方
8月4日

10:30 RHYMESTER
2年ぶり?に生で観るキング・オブ・ステージ、思ったより知らない選曲に戸惑いつつ、この音楽の楽園のスタートはアゲアゲで。KREVAが出てきちゃったりしちゃったり。

11:30 ウルフルズ
ライムス終わりで、自分の競歩の才能に目覚め、驚くべき速さでGRASS STAGEへ移動し、結果的にウルフルズの後半に間に合う。渋谷社長の挨拶が聞けなかったことを少々残念に思う。

12:00~ 昼食&休憩
DJ OZMAがどんな趣向で50分持たせるか、には気を配りつつ、食事にいそしむ。美味い!(なにが)

13:40 KREVA
昨年一番暑い時間帯に登場し、これっぽっちも暑さに気を取られることのない圧巻のステージを披露したこの夏男の極上ライブを今年も堪能。新曲「Have a nice day!」も披露!

15:00 m-flo
後ろでまったりしつつ、最高のパーティーチューンの連打と次々と登場するLovesボーカルとバーバルのラップスターっぷりを楽しむ。

16:20 平井堅 エレファントカシマシ
もしも僕がパーマンであったと仮定したとき、平井堅を観て、コピーロボットがエレカシを観る。

17:30 PUFFY
夕暮れが迫るLAKEという一番お気に入りの時間帯&ステージで、10周年PUFFYのロックでポップなライブをがっつり楽しむ。OT登場を少々期待するが、日程的に無理がある。

18:10 YO-KING
PUFFY終わりでいそいそとお隣へ移動すると、公私ともにノリノリのYO-KING氏がすでにガツンガツンに盛り上げている。GRASSのオオトリに間に合うか時計を気にしつつギリギリまではっちゃける。

19:00 くるり
去年末の初めてのワンマンの最高ライブが甦ったような最強アクトにテンションヌが最高潮へ。そしてリップスライム登場!!Juiceとラヴぃで限界まで踊りまくる。


こんな感じの初日。こ、濃いい。明らかにオーバーワーク。でもやるしかない!やるしかないよ、KYG。(←意味不明)


8月5日

10:30 フジファブリック
早くも初日の疲労を引きずりつつ、今日も渋谷校長の挨拶が聞けなかったと悔やみつつ、大いなる変化真っ最中のバンドのライブにのっけから嫌でもアガる。が、半分ほど観てそそくさと次のアクトへ。

11:10 STAN
ここにきて初のWING TENT、新ステージを観察し、テントだし日陰で涼しいなーと思いつつ、人生2度目のSTANライブに、それはもう大変なことになる。意外と人もたくさん集る(←失礼)。

12:20 真心ブラザーズ
GRASSのでかいステージでの真心に感涙。OT登場を少々期待するが、流れ的に無理がある。

13:40 ACIDMAN
OTやGOINGに負けず劣らずフェスと言えばマストな存在の彼らの、やっぱり今回もツボを押さえた熱狂ライブに盛り上がる。

14:40 髭(HIGE)
ずっと気になっていたバンドのライブにしっかり予習して挑む。とにかくもう楽しくてクレイジーな感じに、驚く。

15:10 BOOM BOOM SATELLITES
どんな風にライブやるのかなーと、座りながらのんびりと観る。が、キラーチューン連発に思わずスタンディングゾーンへ突進する。

16:20 奥田民生ひとり股旅
またまたの長距離移動に少々げんなりしつつ、プレミアムなOT弾語りのために急いでGRASSへ。言葉もなくなる圧倒的な歌と演奏に泣きそうになる。YO-KING登場を少々期待するが、流れ的に無理がないのでほんとに登場。

17:40 スピッツ
1ヵ月後にはロックロックでこの2組を観られるのだな、との感慨を持ちつつ、まったり後方で途中まで楽しむ。

18:10 RAM RIDER
なんだかんだで毎年ほとんど足を向けないDJ BOOTHでこのときばかりはノリまくる。ユメデアエルヨでテンションヌが最高潮に。

19:00 Cocco
圧倒的な歌とパフォーマンスに酔いつつ、あまりにも充実した一日の疲労を抱え、混雑を回避し、少々早めにおいとまする。


えーと、休みがないですね。ほんとはバンアパとかCORNERとかBENNIE Kなんかも観たいんだけどなー。


8月6日

10:30 スネオヘアー
昨年のリベンジの悲しみロックフェスティバルに、結局今年は渋谷校長の朝礼不参加だ、と悔やみつつも、朝からアガる。池ちゃんがゲストで登場してアフロダイブ!

11:10 NICO Touches the Walls
期待のニューカマーがなんぼのもんじゃい、と人生の先輩風を吹かせて後方で楽しむ、が、な、なかなかやるな、と思う。

12:20 YUI
SOUND OF FORESTの木陰の芝でまったりと澄んだ歌声に身を委ねる。

12:50 DOPING PANDA
さっきまでの澄み切った雰囲気から一転、なんだか俗っぽいけどリアルで本気なダンスチューンにノリまくる。熱い。

12:20 木村カエラ
このへんでラベンダーの香りを偶然かぎつけ、時をかける。もしくは青色のネコ型ロボットと知り合い、勉強机の引き出しから(中略)、時をかける。
Magic Music、リルラリルハ等、アンセム連発!早くもGRASSかーと感心する。

13:40 サンボマスター
ちょっと伝説的な昨年のライブを思い起こしながらさらなる熱狂ライブに我を忘れて盛り上がる。サンボを観てるお客さんはいい感じだな、といつもながら思う。

14:00 POLYSICS
いろいろあって、また時間が巻き戻り(え?)、ポリも観られるという幸運にありつく。

15:50 アナログフィッシュ
またもや未発表の新曲連発ライブ。しかもその1曲1曲が最高すぎる。今年もSOUND OF FORESTだけどそれがどうした、と最高のライブ空間へ。そろそろ、夕暮れです。

16:20 休憩
矢野さんの音をBGM代わりにゆったりまったり体を休める。そして次のアクトへ想いをはせる。


17:40 吉井和哉
もうなんというか、破格のロックスターっぷりと最強の歌、曲、演奏、パフォーマンスにちょっと泣く。GRASSが揺れる。

18:40 GRAPEVINE
なんだかんだ言って超満員のLAKEになんとかライブ開始ギリギリに滑り込む。田中の恒例の悪態に笑い、強靭なグルーヴに痺れ、優しいメロディに熱くなる。

19:45 矢沢永吉
永ちゃん、元気してるかな、と様子見に覗きにいくが、ヤザワはバリバリ元気。一応タオルを投げてみるがタイミングを外し、恥ずかしくなる。

花火。最後まで観る。

3日目はほんと苦渋の決断が多い日です。前半は幸運なことに無理やり全部観てますが(妄想上で)、終盤のチャットモンチーがどうあがいても絶対観られないのが痛い!でもやるしかない!や~るな~らい~まし~かね~、BY 池田貴文ですから。(←意味不明)


とにもかくにも今年のROCK IN JAPANまであと21日!!マジでか。
ほぼ毎日サイトに行っては開催までのカウントダウンにびっくりしてますが、それがなにか。



参加される方で会場で僕との遭遇を希望される方はこちらまで事前のご連絡をお願いします。何事も計画的に。



※上記はあくまで妄想で実際のROCK IN JAPAN FES.2006の内容とは一切関係ありません。

※妄想ですので自分自身の体力、気力、肌年齢、その他もろもろは考慮しておりませんのであしからず。
[PR]
by kngordinaries | 2006-07-14 02:30 | ライブ
宇多田ヒカル UTADA UNITED 2006 静岡エコパアリーナ(20060708)
静岡エコパアリーナ、とちゃんと聞いていたはずなのに、ライブ直前まで競技場で行われるものだと勘違いしておりました。
サッカー場でやるなんてもの凄いじゃないかと、一体どんなスペクタクルなステージが行われるのかと、妙な期待が膨らんでました。

静岡エコパとは静岡県は袋井市の小笠山総合運動公園のこと。
その公園内にはさまざまな施設と広場、森林、があり、そのうちの一つにエコパスタジアムとエコパアリーナがあるということで、今回のライブはエコパアリーナという名の体育館で行われるというのが正解。

会場内はアリーナというだけあって、かなり広め、最大1万人収容とのことでこの日はソールドアウトらしくぎっちり埋まっていた。
客層はかなり幅広く服装も普通のレジャー施設とかの人ごみの風景と変わらない印象。

宇多田ヒカルがそれだけ空気のように世の中に浸透している音楽ということなんだろうと思った。彼女ほどのセールスを誇るアーティストは他にほとんどいないから比較しにくいけど、いわゆるミリオンアーティストのライブでも普通は客層にもうちょっと偏りがあるんじゃないかと思う。

定刻を10分ちょっと過ぎて、客電が落ち、ライブが始まった。


※この先公演中のツアーについてネタバレがあります。ご注意ください。

湿気が凄いね!
[PR]
by kngordinaries | 2006-07-10 03:15 | ライブ
フジファブリック KANAZAWA DAISUKE AID 名古屋ダイアモンドホール
去年の11月の浜松でのワンマンライブ以来、8ヶ月ぶり2度目ののフジファブリックのワンマンライブ。

その間にドラムの脱退や日比谷野音ライブを経て、クリップ集の発売はありながら音源のリリースはなし、という状態のこのバンドが今どんなライブを見せてくれるのか、とても興味があった。

遅い番号なので開場20分後に会場へ向かうと、すでにほぼ入場が終わっていた。
ダイアモンドホール、いつからこんなに入場がスムーズになったんだ、と思ったらドリンクチケットの引換えがなかった。その辺の関係かな。

会場に入るとぎっしり人で埋め尽くされている。
ほぼソールドアウトと言っていいくらいの人の入り具合だ。このバンドは存在が独特すぎて類似するバンドがいないのだけど、ざっくりメジャーで2nd出したくらいの他のバンドと比べても順調すぎる成功をおさめていると思う。

一応段差下のフロアの真ん中の一番後方に位置取り開演を待つ。
開演前のBGMはFLAMING LIPSとか結構メジャーどころの洋楽ロックが大音量で鳴っていて楽しい。

そして定刻、ライブが始まった。



※この先、公演中のライブ内容についてネタバレがあります。ご注意ください。

※曲順等、かなり自信がありません。

Ah~ha?!
[PR]
by kngordinaries | 2006-07-03 03:59 | ライブ
ASIAN KUNG-FU GENERATION count 4 my 8 beat Zepp Nagoya(060620)
今、このバンドのライブを観逃すわけにはいかない、というアホな使命感をもつことが、ごくごくたまにではあるけれど確かにある。

それは、あまりに自分とシンクロしてしまう1曲に出会ったときだったり、一つ前に観たライブが良過ぎたときだったり、普段のライブと違うよだれものの趣向が凝らされているときだったり、理由もいろいろだ。

最近の僕にとってそのバンドはASIAN KUNG-FU GENERATIONだったし、その理由はアルバム「ファンクラブ」だった。

開演10分前に会場に滑り込むと当然ながらフロアは人で埋め尽くされている。入り口を入ったところで足が止る。
数日前、岐阜公演が後藤の不調によって延期されたことを知って、名古屋公演が行われるのか不安に思っていたけれど、2daysの初日は予定どおり行われていたもよう。バンドのフロントマンにとって病み上がりの2daysのライブがどれだけこたえるものかなんて想像もできないけれど。

※この先、公演中のライブ内容についてネタバレがあります。ご注意ください。

定時で帰れる雰囲気
[PR]
by kngordinaries | 2006-06-22 01:24 | ライブ
GOING UNDER GROUND tour"TUTTI" 名古屋ダイアモンドホール
かなり激しい雨とうだるような湿気のなか、開場時間を少しオーバーして会場に到着したけれど、まだ開場されていなかった。しばらくしてまだリハ中であることがアナウンスされ、結局予定を25分くらい過ぎてやっと開場。

ちなみにダイアモンドホールはお客さんの並ばせ方で、その日の入り具合が分かる。今回は5階の会場から階段下まででは足らず、反対側の階段も使用していたので、ほぼソールドアウトに近い感じのようだと推察。

会場に入ると、ステージに白い薄布の幕が張られているのが目に飛び込んでくる。否が応でも期待が高まる。
番号が早かったのでいっさんよりの前から6列目くらいのポジションに。

ここのところのGOINGライブは本当に客層の幅が広い。男女比もほぼ半々に近いし、10代から40代くらいまでかなりバラケている。
今回は大バコであるためか、開演前から会場全体の熱気が凄く感じられた。

開演予定から15分以上過ぎて、フロアを流れるBGMがボリュームを上げ、照明が落とされ、ライブが始まった。


※このさき公演中のライブ内容についてネタバレがあります。ご注意ください。曲順は不確かな記憶で書いております。あしからず。

煮込んでー あ~煮込んでー
[PR]
by kngordinaries | 2006-06-19 02:07 | ライブ
スネオヘアー TOUR 2006 ~カナシミ~ 名古屋ダイアモンドホール
去年3月のワンマン以来、2度目のスネオヘアーワンマン。
久々の平日ライブにいろいろとドタバタして、会場に到着したのは開演予定時刻の10分前だった。

会場に入ってみると、お客さんの入りが少なくちょっと驚く。段差よりステージ側の前方スペースも前方からゆったりと半分程度しか埋まっていない。平日ということもあるけどちょっと意外に感じた。



※この先、公演内容について記述があります。ご注意ください。セットリストは抜けがたくさんあるので話半分でお願いします。

あれ、甘くて美味いよな!
[PR]
by kngordinaries | 2006-06-04 20:23 | ライブ
small changes vol.3 池下CLUB UP-SET
いやー、もう、どうしようか。

昨夜から書こう書こうと思いながら書けずにいます。このライブレポ。

しかし、書かなければこうして僕がテンパってる理由も伝わらないので、あわあわしながらも書きます。
ちゃんとしたものは絶対に書けませんが(書けるわけがない)、書くしかない。
自分的にも。このブログのためにも。

さて、気を取り直して。

池下CLUB UP-SETに行くのはこれで2度目。前回は3月のおわりにチャットモンチーやUNDER THE COUNTERが出演したイベントのときだった。
しとしとと小雨が降る中、少々迷いつつ開演時間直前に会場へ到着。チケットを切ってくれたおじ様に「けっこう降ってるみたいですね」と言われる。かなり服が濡れていたもよう。

今回のライブは当初、出演はSTAN他となっていて、チケット発売日を過ぎてからしばらくして他の4組についての発表がなされた。STAN以外は全て地元名古屋を拠点にしているバンドのようだ。


※1夜かぎりのイベントなので、ネタバレはありませんが、ご注意ください。
  あと、ちょっと(個人的に)驚きの大事件があるので、いちおう皆様も心の準備を。

いつもSTANをありがとうございます
[PR]
by kngordinaries | 2006-05-14 23:21 | ライブ
PUFFY  TOUR!PUFFY!TOUR!10 滋賀県立文化産業交流会館
滋賀県は移動中に通過したことは数あれど、降り立つのはこれが初めてかもしれない。

米原駅のほど近くにある会場の周辺は街な感じはまるでなくのどかな印象。
少し早く着いてしまったものの、特に時間をつぶせるところもなく、ひたすらまったりと時が過ぎるのを待つ。

開場直前になって会場へ。
体育館のようなホールに椅子が並べられ、後ろには可動式の階段状に坂になった即席の2階席が。全体で1500人くらいは入るだろうなかなかの広さ。ステージはPUFFY10のロゴがドンと配された幕で覆われていた。

客層は地元の方々が大半のもようで家族連れ、小さな子供連れが多数。それとははっきり違う筋金入りのPUFFYファンらしき人も1,2割。

※この先ツアー中の公演についてネタバレがそこそこあります。ご注意ください。

まいはら
[PR]
by kngordinaries | 2006-05-10 01:10 | ライブ
アナログフィッシュ ハルコ・スプリング・コレクションライヴ・ジョントポール ポール・デイ 新宿ロフト
昨日に引き続いて連日の素敵ライブに胸が高鳴る。まるで複数日参加しているフェスのような高揚感。本人たちにとっても挑戦であり、念願のイベントなんだろうけど、聴き手にとってもこの上なく楽しいイベントになっているところが、すばらしい。

昨日とはうって変わって小雨がパラつき肌寒さを感じる天候のなか、新宿ロフトへ。やっぱりこの辺の喧騒と物騒な雰囲気は好きになれない。

しかしロフト自体はロックのライブハウスらしい雰囲気があって、かっこいいハコだ。
今回も例のごとく下岡側、7列目くらいに陣取る。この日くらい佐々木側に行こうかとも思ったけれど、すでに多くの人で埋め尽くされていた。
ステージ前の雰囲気が昨日と少し違うのがそれぞれのファンの違いが感じられておもしろかった。



※この先ライブ内容が詳細に語られています。一夜かぎりのライブなのでMore機能は使いませんが、ご注意ください。



ジョン・デイとは違い、洋楽ロックが大音量でかかるなか、3人がステージへ登場。
早速今日の主役佐々木健太郎の変顔が大炸裂。見慣れたはずがさらにひどくなっている。
「イエ――――イ!!」
「ジョ、ン、ト、ポ―――ル!!」
と思いっきり叫びあげる佐々木。気合が漲っている。
「世界のエンドロール!」
世界のエンドロール
1曲目はいきなり未音源化のこの曲でスタート。佐々木の歌声が一番気持ちよく響くようなメロディが力強く歌いあげられる。
スピード
さらにこの曲のイントロが鳴り響くと会場の熱が一気に上昇。熱く盛り上がる。
紫の空
佐々木の力強い歌声でぐいぐい推していくこの曲でたたみかける。美しいメロディとまっすぐな歌声があるだけで最高に心地いい。ジョン・デイのディープな雰囲気とは全然違う開放的で躍動的なスタートだ。

ここでMC。
早速、ジャケットを脱ぎ始める佐々木。
「恒例ですね。何曲かやって ジャケットを脱ぐのが」
との斉藤の解説にどうリアクションしたらいいか、と戸惑う佐々木氏。

赤い自転車 チンパンジー
京都のライブと同じ流れでちょっと懐かしめの2曲が披露される。穏やかで優しい曲調の中で佐々木の歌声がきらきらと輝いているようだ。
ガールフレンド(新曲)
新曲をやります、という紹介からこの曲へ。最近の佐々木曲の開放的でポップなメロディとラブソングな歌詞が炸裂したポップチューン。

ここでMC。
「き、昨日はとても暑くかったんですけど、今日はとても寒くて、今日はジャケット脱がなくても大丈夫かなと思ったんですけど、全然暑かった!暑いです、・・・・・・良かった」
と佐々木。何が良かったのかはたぶん本人も分からないと思われます。
「では、昨日に引き続き、今日も面白いことをやります。ジョイナー」

ジョイナー
昨日の下岡版「ラジオ」に引き続き、今日は佐々木版「ジョイナー」。こちらも意外と違和感なくアグレッシブな演奏に飲み込まれた。
初期の頃、まだ「世界は幻」の音源しか聴いていなかったころは、2人の声や楽曲の特徴の聴き分けができなかった。それはライブ等で観ていなかったということもあるけど、2人の曲世界が今よりは近いものだったからだったんだと思う。だから初期の曲ほどボーカルを変えても違和感がないんだろうな、と一人納得。
Kids are alright/THE WHO
どこかで聞き覚えのあるTHE WHOのカバーを斉藤をメインに歌う。シティでもソロパートが少しあったけど、これからメインを取る曲もありうるのかな、という期待が膨らんだ。
ここで斉藤と下岡がステージ袖へ捌けていく。下岡が去り際に一言。
「ちょっとお父さんたちは別の仕事があるから」
佐々木はベースからアコギに持ち替え、下岡側のマイクスタンドに移動。弾き語りコーナーの始まりだ。
ペットボトルを手に取り、一瞬躊躇し、
「下岡の水を飲みます」
と、下岡のはちみつ入りだという水を飲む、飲む、遠慮なく飲みまくる。観客笑。
「昔に作ったいずるという曲をやります」
いずる(過去曲)
アコギの音と歌のみになるとこの人の歌声の凄まじさがよく分かる。見事なテクニックのある歌唱であると同時にそこに込められた感情の届き方が凄い。おもしろくちょっと昔風な言葉使いと節回しで歌われる叙情的なラブソング。
うた(新曲?)
シンプルで普遍的なメロディが童謡のような雰囲気さえかもし出す柔らかく穏やかな歌が心に響く。ここまで開かれた世界観の佐々木曲はかつてなかったと思うほど新鮮。
サビは
「エブリバディ シンギン ソング, ウォーオーオー, ワン ツー スリー♪」
と優しく静かに歌われる。シンガロングしてくれといわんばかりの人懐っこいメロディだ。
と思っていたら一端歌い終わった佐々木が口を開く。
「この曲はちょっとみなさんに手伝っていただきたいと思います。は、初めての共同作業、ということで・・・。なんとなくでいいんで僕に続いて・・・・ご唱和下さい」
というような微妙なオペレーションに観客が戸惑う中、先ほどのサビを歌いだす佐々木。数回繰り返されるうちに少しずつフロアから巻き起こる合唱&クラップ。
それを続けていると、やおらステージに戻ってくる下岡&斉藤。2人ともニッコリと笑顔で合唱するフロアを見つめつつ、下岡はドラムセットへ、斉藤は佐々木側のマイクスタンド前へ。
観客が驚きつつ見守る中、斉藤ベースと下岡ドラムが炸裂。スペシャルな光景に皆が目を奪われたものの数回サビを繰り返しただけで終了。
「わりぃ、バチ(ドラムスティックのことか)どっか行った」
と言いつつ、定位置へ戻る下岡。
「今のが一番緊張した(笑)。ナイスドラム」
「ナイスベース」
とお互いを褒め称えあう下岡と斉藤。

ちらほらとジョンコールが上がる中、斉藤が口を開く。
「いやー、ジョントポール、いい感じですね。こうやって呼ばれるのもこの時だけですからね」
というとリンゴコールがちらほらと。
「ありがとう。実は今すごい言ってほしくて。嬉しいですね。ジョン、ポール、リンゴ・・・・・・・ジョージはどこにいるんでしょうね」
と斉藤がメンバーおよび会場に問いかけるも、みんな「?」マーク。
「ジョージ、それはここにいるみなさんです」
と斉藤。会場戸惑笑。
「はっ!」という表情で口を手で押さえ顔を見合わせる下岡&佐々木。この人寒いこと言っちゃった、という感じの2人のリアクションが面白すぎ。
そのあとボソッと下岡が
「だって、意味わかんねーし」
と言ってました。

LOW
まったりとしたイベントらしい空気から一転、いつものアナログライブの空気感が一気に戻ってくる。アッパーなサウンドが疾走し、佐々木の歌声が世界をぬりかえていく。感情爆発の名曲。
摩天楼(新曲)
さらに新曲のアッパーチューンでギアを上げていく。
確信なんかなくてもいいよ エナジー(新曲)
さらに初期のアップチューンからおそらく初披露の新曲へ。タイトルどおり疾走感と躍動感に満ちた会心のロックチューン。
アンセム(新曲)
そして本編ラストを飾るのも未音源化の最新曲。イントロから視界が果てしなく開かれていくような高揚感に満ちたポップチューン。メロディの美しさも格別なこの曲は、ラストに置かれたことからもきっと佐々木にとって大きな存在なんだろう。
「伝えたい事は空にあって 両手広げてキャッチするが」
大きな盛り上がりのなか、本編終了。

アンコールで3人が再びステージに登場。
1日目にチケットと引き換えられたPASSカードについての話に。
「あれ、書いてある絵は2人がそれぞれ書いてますからね」
と斉藤。改めて手元のPASSを見返す観客。
「僕の絵は、誰も気づいてくれなかったんですけど、ポ、ポールのつもりで書いたんです」
と佐々木。そう言われてみればなんとなくそれっぽい。
「ふられてるナンバーも僕らで書いていきましたからね」
と斉藤。
「そう。あれね、俺は320くらいからかな。1個ずつ書いたんですよ」
と下岡。
「でも絵、上手いよね。2人とも」
と斉藤がふると
「そう。僕は中学のとき、漫☆画太郎先生の絵を完コピしましたから」
と佐々木。その話が下岡のツボにはまったらしく
「あれはほんと最高だったよね!他にもいろんな人がいろいろ書いてんだけど、あのときは漫☆画太郎の絵が一番だったよね!」
とここまでのMC中で最高のテンションに。

不安
「未来に対する不安などは全然関係ない」と不穏なメロディに乗せて歌い放つシリアスでロックな1曲。ずっとライブで聴きたかった1曲だったので嬉しかった。
この気持ちは僕のもの(新曲)
なにかのイベントのゲストでの弾き語りで披露されていたらしい新曲。名曲「僕ったら」に通じるようなまっすぐで一途な想いと「うた」でも感じられた普遍的でポップなメロディが、素直に心に響いてきた。そしてここにきても力強く凛々しく届く歌声に胸が熱くなった。

2度目のアンコールに登場した3人。それぞれに感謝の言葉を口にし、最後の曲へ。
僕ったら
静かに穏やかに始まるイントロから涙腺を緩ませる最高のラブバラッド。最後まで細やかな表現と芯の通った力強い歌声にやられた。
ここで2日間に渡ったスペシャルライブの全てが終了。

とにかく佐々木の作り出すメロディとその歌声の力に圧倒されたライブだった。新たに披露された新曲もその歌声があってこその世界を作り出していて、特に「うた」「この気持ちは僕のもの」といった普遍的なメロが生れてきたことは新鮮だったし、バンドにとっても大きな転機になるような気がする。
この佐々木の変化と、下岡の歌メロ重視の最近の傾向はどっちがどっちに作用したのか、そのメカニズムも興味深い。
とにかく2人のソングライターがさらに才気を爆発させて変化しているのがよくわかった2日間だった。

それと同時に、こういった遊びの要素も入ったイベントを自分たち主導で作り出せす懐の広さも存分に感じられて、このバンドからますます目が離せなくてしょうがなくなるような2日間だった。

まずはシングル「Living in the City」の発売をじりじりしながら待つしかないけれど、次のアクションはどうなるんだろう。これだけの新曲たちを持ってどんな世界を見せてくれるのか、楽しみで楽しみでしかたがない。
[PR]
by kngordinaries | 2006-05-06 02:13 | ライブ
アナログフィッシュ ハルコ・スプリング・コレクションライヴ・ジョントポール ジョン・デイ 新宿ロフト
直前になって、仕事の休みが取れることになったため、ライブ前日にダメもとで譲ってもらえる人を探したところ、もの凄い幸運ですんなり見つかり、この日を迎えることになった。

思えば関東圏でライブを観ること自体が初体験。どのバンドのツアーでも公演数も集客も断トツな言わばライブ玄人の地域、どんな感じなのかとそれも興味深かった。

新宿の街を散策しつつ、ライブハウスをまずは下見。
新宿を歩くのも初めてだったけれど、なんだかもの凄く雑多で騒々しく、そして怪しい街だ。根が田舎者なのでなんだか怖い。
新宿ロフトはうらぶれた路地に面した雑居ビルの地下にあった。

ソールドアウトだけあって、入場も多少混雑しつつ会場入り。バーのような雰囲気のあるフロア。
下岡側5列目くらいに陣取る。

ライブ前にこれだけわくわくするのも久しぶりだ。
単なるアナログフィッシュのワンマンではなく、今回は下岡ボーカル曲オンリーというありえない趣向のライブなのだ。まったく予測が付かない。いったい何が待ち受けるのか、バンドメンバーにだって、実際やってみないとわからない要素がたくさんあるだろう。

期待と不安が入り混じった高揚の中、ライブが始まった。


※この先ライブ内容が詳細に語られています。一夜かぎりのライブなのでMore機能は使いませんが、ご注意ください。


いろいろな種類の蝉やその他動物の鳴き声が入ったSEが少しずつ少しずつ音量を上げていく。なんとなく田舎の夏、というイメージのSEが目いっぱいの音量になってきたところでステージが暗転し、3人が登場。
のどかないなかのしずかなもぐら
SEの雰囲気に連なるようにタイトルどおりまさしくのどかなイントロから始まるこのスローロックナンバーでライブは始まった。前の京都でこの曲の主人公が上京した感じが最新シングル「Living in the City」と言っていたけれど、その辺の流れも意識されてそうな選曲だ。曲後半になるにしたがって、のどかさの中で募る焦燥や狂気が爆発していく様がいつ聴いても圧巻。
心なしかいつも以上に下岡の歌が強い印象。
ハーメルン
さらに下岡ワールドの深層を掘り下げるようにミディアムチューンが続く。不穏な世界観がフロアを支配していく。
鰯(新曲)
そして未発表の最新曲へ。怯えているように弱々しいA・Bメロからそれでも少しだけ力強く飛翔し、「朝も昼も夜も」と生活の中の決意を歌うシリアスでポップな1曲。ここのところの街を俯瞰で観る視点とちょっと違う「魚の目をした青年」の個人的な心情が語られているところも新鮮。
「魚の目をした青年は 夜中にひっそり爪を研ぐのさ」
キッスツアーとトミノコウジと今回で都合3回この曲を聴けたけれど、聴くたびに胸が震える。ドラマチックだけど、このバンドにしてはとてもシンプルな曲構成も相まって、まっすぐに心に届く。名曲。

「アナログフィッシュのライブ、ジョン・デイへようこそ」
と、まずは斉藤が口を開き、佐々木と口々に観客へ挨拶を。
「下岡さん、というかジョンがまだ一言もしゃべってませんね。下岡さん」
とやおら下岡に振る斉藤。
「あ、どうも。・・・てかさ、ビートルズに思い入れがある人から見たらさ、俺がジョンとかいうのって腹立たしいもんなのかな。どうなの健ちゃん」
「ん・・・ちょっと(と親指と人差し指で小さな隙間を表現)」
と返す佐々木。
観客爆笑。
「嘘です!すみません」
別にそこで謝る必要はないんではないかと。

テキサス
さらに沈み込むようなディープさとメロディの強さが印象的なスローチューンで、ずぶずぶと下岡ディープゾーンへさらに引きずり込まれていく。
バタフライ
さらにディープでアグレッシブなロックチューンのあと
「公平なワールドという新曲をやります」
という下岡の紹介から次の曲へ。
公平なワールド(新曲)
ここにきて初披露(多分)の新曲。これも曲構成的にはシンプルでまっすぐな歌もの。タイトルのとおり「公平なワールド」ってなんだろう、ということをリスナーにざっくりと突きつける「BGM」や「Living in the City」にも似た問いかける1曲。街の中にある、世界の中にある、大切ななにかを探し続ける下岡の最近のテーマがここにも連綿と息づいていた。抜群にロックだ。
「僕らが寝てる間に 地球の裏側でなにが起きてるか知ってる?」
「公平なワールド 公平なワールド このワールドは 公平なワールドかい?」

「俺らこの日のために江古田の地下のスタジオに1週間こもって、練習してきました。今日はその成果がお見せできて、楽しんでもらえればと思ってます」
と下岡。ここで足元のエフェクターを押し間違えたのかビビーっと変な爆音を出す下岡。
「おお!」
と目をパチクリさせる下岡。
すかさず斉藤
「これが成果です」
会場笑。
「うるさいよ!」
と下岡。
これはあとでもう1回繰り返され
「成果その2」
と言われていた。

続いて下岡が曲紹介。
「じゃあちょっと初めての試みをやります。ラジオ」
ラジオ(下岡ボーカル)
驚きの歓声が上がる中、始まる下岡版「ラジオ」。これが意外とはまっていて楽しい。ところどころ佐々木版とメロが違うのは、アレンジか間違いか。
さらに下岡が
「ここでスペシャルゲストボーカルに登場してもらいます。斉藤州一郎!」
「人の曲ですけど、1曲歌わせてもらいます」
と斉藤。
うららか(斉藤ボーカル)
さらに驚きの展開に客席が戸惑っているあいだに斉藤ボーカルが歌いだす。歌謡テイスト溢れる「うららか~」という下岡&佐々木のコーラスも愉快な1曲。あとで知ったところでは大瀧詠一の曲のカバーとのこと。
曲が終わって下岡が口を開く。
「楽しいですね。まあ・・・ここは飛び道具ゾーンなんでね、なんでもやります」
「(俺は)飛び道具かよ!」
と見事な斉藤の突っ込みを受けてました。
「今日はジョントポールということなんで、俺が上京したてのころに作った『ジョン』という曲をやってみたいと思います」
との下岡MCから
ジョン(過去曲)
ちょっと弾き語りチックなミディアムチューン。しかし下岡の無限大の脳内宇宙を感じさせるような世界観はしっかりとある、ディープな1曲だった。

ここで飛び道具ゾーンは終了し、MC。
「お前透けてるよ!」
と斉藤が佐々木の汗でびしょ濡れの姿をみて言う。
「ほんとだ。俺も思った。ポール、透けてるヨ(微妙に外人風)」
と下岡。
「オゥ!ホントだ(同じく)」
と返す佐々木。会場笑。
続いて語りだす下岡。
「今日は暑かったですね。昨日の夜パソコンで今日のSEのせみの声とか延々と作ってる時に(とキーボードをカタカタする動作をみせつつ)あぁ~、明日もうちょっと暑くなればいいのにな~、と思ってたらほんとになりましたね。・・・でも、やっぱり暑いのは、やだね(笑)」
と自分でオチをつける。
「今日、30度越えたらしいですよ」
と佐々木。
「(佐々木の尋常じゃない汗の量は)でもそのせいじゃないだろ、絶対」
と斉藤。
「うん、俺もそう思う」
と下岡。会場納得。

ナイトライダー ナイトライダー2
ハードボイルドでロックテイストの強い下岡の連作が連続で披露され、静かに熱く盛り上がるフロア。『2』が終わり、下岡がボソッと次の曲紹介。
「スリー」
会場内のそこここで戸惑いが広がる。まさかまさか・・・。
ナイトライダー3
曲が始まると明らかに歌詞でも夜の街を走ってるというような言葉が登場し、紛れもなく「3」であることが分かる。「ヘッドライト テールランプ ヘッドライト テールランプ」というリフレインは佐々木と斉藤がコーラスで。前2作に比べてさらに開放的なサビが印象的。

暗転するステージでしゃかりきにガッツポーズを繰り返す下岡。拍手する観客。
「やったー。3までやったぞ。やった!・・・調子に乗って3まで作りやがって!(観客爆笑) て思う人もいると思う。俺も思うし(笑)」
といつになく興奮した面持ちでジョークを飛ばす下岡。
「スリーまでできたので、この機会に皆さんに聴いてもらおうと思って」
さらに下岡が語る。
「俺が最近つくる曲には街についていろんな角度からみてる曲が多いんだけど、ほんとに(街には)いろんなものがあって・・・。たとえば俺、ケミカルジーンズは履かないのね。それは俺がテレビとか観たり本で読んだりして知ったことじゃなくて、(街にいたら)ケミカルジーンズは履かないほうがいいってことが分かるんだよな。そういうところがあるんだよ、街には」
とわけの分からない、でも少しだけ伝わるものがある言葉に場内笑。
「じゃあ、街関係の曲をまとめてやります」

シムシティ(新曲)
「僕は街を作ろう」という下岡らしい歌詞も印象的なリズムチェンジや転調が連続するダンサブルなロックチューン。
シティ(新曲)
さらに「パーパーパー♪」というコーラスも印象的なこの曲はもうライブではお馴染み。

曲が終わり、静まる会場。斉藤が口をパクパクさせ、何かを佐々木に伝えようとしている風。佐々木、それに一生懸命にうなづく・・・・が。
「すいません、ぜんっぜん分かりません!」
多分斉藤も伝える気がなかったと思われます。
ここで下岡が曲紹介。
「5月にシングル『Living in the City』が出ます。凄いいい感じに出来たと思ってるのでぜひ聴いて、買ってください。じゃあ最後『Living in the City』」
Living in the City
イントロから開放的で穏やかなサウンドが心地いい。このバンドにとっても新鮮で新しい一歩となる1曲だと思う。シビアな問題意識と、それでも生活することを肯定的にとらえた世界観が正しいし、優しい1曲。
ここで本編終了。

アンコールで登場し、下岡が口を開く。
「ジョン・デイということで、俺昔のCDとかいろいろ聴き返してこの曲久しぶりにやろうかな、とか考えて、となると流れ的にこうで構成はこうで・・・とか考えてくと、ああ!もういいや!とか思ってしまって。今は新曲がどんどん出来ていて、それを早く聴かせたいと思っているので、こんな新曲ばっかりの感じになりました。それで楽しんでもらえてたなら、嬉しいです」
とニッコリと笑う下岡。いつも飄々としてるこの人もこの日のライブには相当なプレッシャーを感じていたのかも、とふと思った。
「じゃあ最後くらいはお祭りな感じで。Hello」
Hello
始まった演奏がどこかおかしいと思ったらギターの音が出てなかった模様。それでも演奏を続けるよう2人に指示する下岡。そして
「ビックリした」
と一言言ったあとで叫ぶ。
「ハロー――――!!」
一気に波打ち前方に押し寄せる観客。掲げられる腕、腕、腕。
どうしようもなく毎回熱く盛り上がる最高のライブアンセム。さらに
「Do you still need BGM?」「No thank you!」
のコール&レスポンスが3回繰り返され、そのたびに裏返ったよな声で叫ぶ下岡。
BGM
さらに観客が前方に押し寄せ軽くモッシュ状態でめちゃくちゃな盛り上がりに。
最高の盛り上がりの中アンコールも終了。

熱冷めやらないフロアからのアンコールに答え、3度3人がステージに登場!
斉藤が
「ありがとう!う!」
と「う」を強調して佐々木に振る。
「う・・・(物凄く戸惑う)・・・・馬!(元気よく)」
会場失笑。
「今のはしりとりがしたかったんじゃなくて、『ございます!』って言ってほしかったんだと思うよ。ありがと、馬!ってギャグだから。ありがと、馬!(笑)」
との下岡の解説にうなづく斉藤。
3人が3人ともちょっとおかしな人たちだということがよく分かる光景。
「明日はポール・デイなので、あの、よろしくお願いします!」
と佐々木。
会場から「ポール!」「ポール!」とのコールが沸き起こるがうまく返せない佐々木氏。
「ぐだぐだじゃん。もっと上手く合わせないとポ ポール ポポールみたいになってたじゃん」
と下岡が佐々木を叱る。
「アンコールありがとう。じゃあほんとに最後の曲。君の住む町はどんな感じ、僕の住む町はこんな感じ。Town」
Town
最後にきてこの超名曲。ただ、下岡氏の喉が限界にきていたようで、いつものめくるめくような世界は展開されていなかった。お疲れ、ジョン。

様々な趣向もあり、イベントライブとしてのおもしろみがたっぷり詰まったいいライブだった。といっても、本人たち特に下岡にとってはかなり試練でもあったと思うし、緊張感もあるものになっていたと思う。

おそらく初披露だった「公平なワールド」「ナイトライダー3」はさらに次回作に期待を募らせるだけのすばらしい曲だった。

面白い企画で楽しませながら、新しい曲を凄いスピードで作り上げながら、今もバンドがバキバキと音を立てながら変化していってるということがよく分かる素敵ライブだった。
[PR]
by kngordinaries | 2006-05-04 14:46 | ライブ