<   2006年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
心揺さぶられるグルーヴに会いにいく
なにかがたりないなにかが。

NAI。

足りないものはなんだろう。

もう足んない 足んないよ。



タリンのはガソリンではない。JASRACからのMONEYでもない。

それはずばりライブです。
奥田民生の'Cheap Trip'愛知公演にいって以来、約1ヶ月・・・ん?まだそれだけか。でも足らない。明らかに我が心のライブオアシスは枯渇の危機にあります。そして次のライブ予定を眺めてもまだしばらく先な状況。そんなときに出来ることは、今後のライブ予定の整理だけ。

ということで、今後のライブ予定を備忘録の意味も込めてここに軽まとめ。ちなみに記事タイトルの元ネタ2組のライブ予定はありません(泣)。

じゃ、そーゆー方向で・・・

KREVA
3月20日(月)Zepp Nagoya
「KREVA TOUR 2006 愛・自分博~国民的行事~」
これは楽しみは楽しみでも他のライブとは違う感じがあります。一応ヒップホップにジャンル分けされるアーティストのワンマンライブというのは初なので。
KREVA自体はRIJとロックロックこんにちはとZIPのイベントの多分3回観たことがあるんですが、めちゃくちゃに楽しかったし、スターを観たなー、という満足感があった。ワンマンとなるとかなりの曲数になるし、流れとか独特な演出とかも入ってくるんだろうなー。
とりあえずそれまでに「くレーベルコンピ【其の二】100%RAP」を買わなくては。なかなか新星堂に行く機会がないんだよな。


アナログフィッシュ
4月22日(土)京都磔磔
「ハルコ・スプリング・コレクション」「トミノコウジ・クランク・グルーヴ」
3ヶ月ぶりのアナログフィッシュ!今からめちゃくちゃ待ち遠しい。最近リリースもライブもちょっと止ってますが、作曲&レコーディングは着々と進んでるようなので、このライブまでにどれだけまた変化しているか、楽しみでしょうがない。ジョントポールもまだ諦めてはいないんですが、難しいだろうな。チケットが売り切れないうちは諦めずスケジュール調整しますが。
磔磔は12月のアナログ以来だけど、なんだか好きな雰囲気なのでまた行けるのも嬉しい。


TRICERATOPS
4月23日(日)名古屋 Electric Lady Land
SPRING TOUR'06
これ今書こうとして気付きましたが、ツアータイトル決まってないのかな。
トライセラは僕の好きなバンドの中でも正直世の中的盛り上がりがいまいちな気がするんですが、個人的には最近の音源は最高だし、バンドの状態も今が最高潮だと思っているので、大期待してます。前回のWARPツアーは日程とか合わなくて断念したし、イベントやフェスでも観られてないので約1年ぶりのトライセラ。かなり待ち遠しかった。
「トランスフォーマー」に加えて新曲披露もありそう。しかしレコーディングがこのツアーのあとからだとするとアルバムは相当先だなー。


GOING UNDER GROUND
4月29日(土)長野CLUB JUNK BOX
6月17日(土)名古屋ダイアモンドホール
tour “TUTTI”
GOINGは2本行ってしまいます。名古屋はだいぶ前から確定してたんですが、長野はTUTTI購入者先行でつい先日ゲット。いっさんコメントに浮かれて、という説もあり。GOINGは土曜のライブが異常なくらい多くて平日勤め人に優しいのでいつもその優しさに甘えて複数公演行ってしまう。もちろん何回行っても飽きないどころか、感動が倍倍ゲームで増していく魅力があるから繰り返し行くのだけど。
GOINGライブは僕が行くライブの中では結構まわりのノリが若いなー、という感じを受けます。明らかに10代半ばくらいの子が多い。

とまあチケット確保済みはこんなところ。
あと狙ってるのはまず5月6日滋賀PUFFY。10周年のこの機会の盛り上がりに便乗して初PUFFYを拝みたい。ブギウギNo.5が聴きたすぎる。
6月19、20日名古屋ASIAN KUNG-FU GENERATIONと7月1日名古屋フジファブリックはオフィシャル先行の抽選結果待ち。特にアジカンは狭き門だろうなー。「ワールドアパート」がめちゃくちゃよかったし、どうにかして行きたいんだけど。フジファブリックはCDJでGOINGを優先して見逃したライブの評判が恐ろしくよくて悔しかったのでリベンジ(何の)。

あと先行予約をし忘れ、一般で見事に玉砕した3月26日名古屋ACIDMANのチケットを探しています。どこかに心優しい人がいないか探しております。

という感じでまだしばらくはライブに飢えながら先の予定に想いを馳せつつ日々を過ごしていく予定。

そしてそんな感じでのらりくらりと季節が過ぎると、夏フェスという甘美な響きをした楽園が手招きしているわけで。僕は財布の厚みをチラチラと気にしながらも、向こうにある白いドアを開けて・・・。

ヤバイ、ヤバイ。
[PR]
by kngordinaries | 2006-02-28 01:18 | ライブ
DEATH NOTE 原作/大場つぐみ 漫画/小畑健
このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!! かつてないスリルとサスペンス!!


微妙な駆け引きがあって、一筋縄では勝負がつかなくて、ある一つの些細な動きによって情勢が一変して、視点を変えてみるとまた違う見方が生まれて・・・・というような闘いを傍から見ることほどおもしろいことはない。

将棋やチェスなんかのテーブルゲームもつまりそういうところがおもしろいわけで、しかもその勝負の裏にそれぞれの欲望や野望や信念が透けて見えたりすると、それはこのうえなく感情的な熱さと機械的な冷たさを同居させた何ともいえない物語を産み出してくれる。

天才的頭脳を持つ高校生夜神月がDEATH NOTEを手にして凶悪な犯罪者を次々に殺害し、理想的な社会を実現しようという野望を抱く。それを阻止しようとする世界一の探偵「L」。その複雑なパズルのような頭脳戦とチキンレースのような心理戦が様々に様相を変えながら延々と繰り返される。

このやりとり、退屈な人には退屈だろう。しかしおもしろい人にはめちゃくちゃにおもしろい。もちろん思いっきりファンタジーなので、ルールは厳密ではないようにも感じられるけれど。そこも含めてたまらない人にはたまらないツボをつく闘い。

もちろん犯罪者であれば殺してもいいのか、そういう存在は許されるのか、というシリアスなテーマもこの物語の根幹にはある。でもいまのところそれについての深い言及は作品内ではされていないし、その解答はもちろん一つの答えなんて出ないものだ。

この作品全体のスピード感はかなり独特だと思った。
展開が普通の漫画の3倍速くらい早い。とにかくめまぐるしく状況が変化し、常に何かの仕掛けが作動しているような状況。普通これだけのアイデアがあったらもう1巻くらい引っ張れるというような大胆にして衝撃の展開が出し惜しみなく、特別大仰にもせず淡々と連発されていく。ずっとオフビート。
原作と漫画が別人だからそれぞれの仕事に没頭できるメリットはあるだろうけど、それにしても話の密度が濃い。作画も完成度が高い。

しかし基本的な構図はわりとシンプルなものだし、すでに夜神月 VS Lという図式も微妙に崩れているわけで、この先あまり長く物語を展開させ続けるのが得策だとは思えない。今はこのスピーディーで緊張感溢れるサスペンスにいったいどういうオチが用意されているのか、そこに一番興味がある。
もちろんこれを延々続けることで最終的に大きなテーマ性を提示するのかもしれないし、すでに気付かれずに仕込まれている大仕掛けでルールを大幅に改編してさらにひと悶着という方向に行くのかもしれない。
このあまりに複雑で読めないこの先の展開を考えてもきりがないけど、考えたくなる魅力がある。


今まで漫画作品でいうと「賭博黙示録カイジ」という作品の1~5巻で行われる賭博ゲーム「限定ジャンケン」が一番おもしろいと思っていたけど、「DEATH NOTE」も負けてない。

個人的にはもうちょっとだけキャラクタやセリフに魅力(個性)があると最高なんだけど。ちょっと類型的。
[PR]
by kngordinaries | 2006-02-26 23:39 | 本、雑誌、マンガ
STAN全国イベント!!フジファブリック!ミドリカワ!他
TRIAD CIRCUIT開催!!STANが名古屋・大阪に!!
ロック系レーベルTRIADのライブイベント「TRIAD CIRCUIT」が決定しました。4月22日心斎橋CLUB QUATTRO、4月23日名古屋CLUB QUATTROが発表済みで出演はSTAN、Radio Caroline、CLOVERS、THE COLLECTORSの4組です。
これ「STANⅡ」を買ったときに名古屋公演のチケットがあたる応募抽選ハガキが入っていて知ったのですが、そっちではイベントタイトルが「ROCK OF SILENCE」となってました。で、5月14日福岡DRUM Be-1、5月24日東京LIQUIDROOM ebisuということまで書いてあります。
ついにSTANが名古屋上陸!!おそらく福岡も初じゃないでしょうか!!でも僕はいたって冷静です。なぜなら行けないから(ガン泣)。4月23日ってトライセラワンマン取っちゃってますから!一生恨みます、TRIAD!(嘘) で、こうなったら大阪だい!と思ったら4月22日は京都でアナログフィッシュなんですってば(オイオイ泣)!TRIADさん、その辺(僕のライブ予定)を考えて日程決めてください(無茶いうな)。

フジファブリック、PV視聴!&AKANEIRO RADIO配信!!
フジファブリックのPV集「FAB CLIPS」の特集ページで収録曲10曲の視聴が行われています。「Birthday」はフル視聴できます。AKANEIRO RADIO第23回も配信中。
「FAB CLIPS」、購入してないんですが、ボーナスコンテンツでメイキングとメンバーの雑談で60分て凄いな。山内くんの界王さまのモノマネはアリです。地上波オンリーな人なので今までのPVほとんど観た記憶がないんですが、「Birthday」のPVはいいですね。なんか最後まで目が離せなかった。

フジファブリック、全国ツアー公式サイト先行予約実施!!
フジファブリックの全国ツアーのオフィシャル先行予約を実施するとのことです。受付期間は3月1日0時から3月3日23時59分まで。抽選になり当落の発表は3月7日夜とのこと。
これでまんまとチケットゲットといきたいところ。しかしこれ結果発表の日程がこのあいだのアジカンとほぼ同じ。両方取れなかったらちょっと落ち込むな、これ。

ミドリカワ書房、ワンマンツアー決定!!
ミドリカワ書房のワンマンツアー2006 『もうひとつの土曜日』が決定しました。5月6日渋谷O-WESTから6月3日名古屋ell.FITS.ALLまでの4公演です。
ツアータイトルにあやかってか全公演土曜日というのが社会人に優しすぎる。その優しさに甘えて行ってみようかと考え中。

TRICERAのブログ、和田唱による記事「ハロー!」(笑)がアップされてました。ニューシングルの2曲について。WARPは「ファンクとR&B入ってるね。でも音はロック」、トランスフォーマーは「超高速ロック・リフと超POPなメロディーが合体した曲」って。文字通り受け取ると最高な気が。トライセラもそろそろ10年かー。

GOINGいっさんがTB企画の返事コメントを書き終えたとの報告が。偉すぎる。そして姪っ子のエピソードが微笑ましすぎます。

宇多田ヒカルが6年ぶり(!)2度目の全国ツアー決定とのニュース。ヒカルの5は確かに全国ツアーではないからそういうことになるのか。

PUFFY、10周年記念本「あゆみ」の表紙公開。3月24日発売2500円。
亜美と由美であゆみだってことに自力で気付いてほっこり嬉しかったり(アホ)。OTも出てるだろうし、この本買う気でいたんですが2500円て専門書かと。

aqua musicのGOING UNDER GROUNDのオフィシャルがリニューアル。各コンテンツに行くと「戻る」を押さないとトップに戻れないという斬新なサイト構成。これバグじゃないのかな。
【追記】今見に行ったらちゃんとヘッダ部分がどのページに行っても残る構成に変わってました。やっぱりバグだったみたいです。

再来週のミュージックスクエアが楽しみなことに。木村カエラ、ストレイテナー、GOING、アジカンって豪華すぎ。

Yahoo!の動画コンテンツにFREENOTEのPV集が。やっぱり1stから2ndへの方向性の転換が極端すぎる。で、超名曲3rd「ウォークメン」へと、という劇的な変化が4分でわかります。またライブがみたいなー。ドラムが気持ちよすぎる。

STANオフィシャルにて東京でのライブ予定も続々更新中
あーあ、関東はいーよなー。(壊)

というわけで夏フェス待ちます。ああSTAN!でもハズレなしで最悪でもスクリーンセーバーがもらえるらしいので応募抽選ハガキは出します(貧乏性)。もしチケットが当たったらこのブログで大放出!(行きたい人いるのかとかは気にしない)

STANといえば!(無駄にテンション高くてすいません) オフィシャルのetcというページが今までノーチェックだったんですが、見てみたらこれがまたおもしろい!とにかく見てみてくださいとしかいえないんですが、一押しはフジロック05'かな。KYGのグラサンが好きだ。しりとりは長すぎる。

ドコモが次世代携帯電話「第4世代」のデータ通信速度で世界最速最大毎秒2・5ギガビットの屋外実験に成功とのニュース。これは2時間の映画のダウンロードが12秒でできる速度なのだそうで。
ギガとか言われてももう0が何個付くんだって話ですね。それだけの速度があっても携帯の大きさにどれだけHD積めるのかと。というかもう携帯とかじゃなくてデータ通信の高速化がどれだけいろんな方面にどれだけ進化を促すのかって話なのかな。未来が読めない・・・。

ガチャピン&ムックのipod nanoがバンダイより発売に。
最初、クリックホイールのところのムックは主張しすぎだろう、と思いましたが、よくよく見ると液晶のところにうっすら存在しているガチャピンが強烈。元祖キモカワイイ系ですね。

「STANⅡ」および「TUTTI」をヘビロテ中。どちらも多分今年のベストに入るであろう名盤です。特に「STANⅡ」!!これほんと「STAN」で感じた可能性とか期待に答えまくってくれました。やっぱりメロディがよすぎるしユーモアのセンスがありすぎる。攻撃的でシリアスでふざけてて悲しくて優しくて・・・といった全てのロック的感情がバランスよく詰まってます。
こうなったらとことんSTANの凄さを証言していきます!



曲がり角を曲がり切れずに落ちてゆく
そーゆーのって最高だろ?
                          Dolphin Dance



フイに振り向き 歌を口づさむ
僕の知らない歌
僕の知らない君を垣間見る
それはいい事だろ?
                           Love you

[PR]
by kngordinaries | 2006-02-25 02:25 | 音楽ニュース
OZ
何とも言えないニュース。
昨日のお昼くらいに知ったのですが、100sオフィシャルサイトに「「中村一義」及び「100s」の音楽を応援して下さっている方々へ」と題した中村一義本人からのメッセージがアップされていました。もしかしてこれを読んでる人でまだ見てない方はそっちを直に見てもらえればと思います。こちら↓

「中村一義」及び「100s」の音楽を応援して下さっている方々へ

いろいろ思うことはあるわけで・・・
[PR]
by kngordinaries | 2006-02-23 20:43 | 生活
TRICERATOPS楽曲提供!!ジャパサー!STAN!ほか。
TRICERATOPS、和田唱の楽曲で松たか子のニューアルバムに参加!!
TRICERATOPSが松たか子の4月26日リリースのニューアルバムのレコーディングに参加することが決定しました。当初、和田唱作詞作曲の楽曲提供のみの予定がバンドでのレコーディング参加となったとのことです。曲タイトルは「水溜まりの向こう」。
去年くらいにも映画への楽曲提供があったり、ちょっとずつソングライターとしての和田唱が認知されつつあるようで嬉しいです。しかし松たか子さんが和田唱の曲を歌うってなんか凄い。・・・凄い違和感? 他にもスキマスイッチから3曲、真島昌利から1曲、等々豪華な顔ぶれ。松たか子本人も前々から作曲されてますよね。女優としてはもちろん凄いし、才媛だ。

4月のJAPAN CIRCUITはGRAPEVINE、スネオヘアー、NICO Touches the Walls、他!!
4月のJAPAN CIRCUITの出演アーティストが発表されました。GRAPEVINE、スネオヘアー、NICO Touches the Wallsの3組プラス1組となるとのこと。 この4月から毎回東京大阪で開催とのことで、東京は4月22日SHIBUYA-AX、大阪は4月23日なんばHatchです。
これ凄くいいですね!まずとにかくGRAPEVINE!さらにスネオヘアーに期待の新人NICO。ただ個人的に東京の日は京都でアナログフィッシュを、大阪の日は名古屋でTRICERATOPSを見ておりますので・・・残念。ただ、今後も東京・大阪で開催とのことで、大阪なら多少行きやすいので今後が楽しみなJAPAN CIRCUITではあります。
しかしジャパサーとしか略せないのがつらい。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのTour2006「count 4 my 8 beat」のオフィシャル抽選予約が2月28日23時まで受付中。
相当な狭き門だろうけど、もちろん申し込まずにはいられないです。
「ワールドアパート」、最近ヘビロテです。「ソルファ」以降のアジカンの進化が凄く分かりやすく説明されたシングルだと思う。歌詞の一節一節が、あるはっきりと輪郭をもった感覚を表現しようとしてるのが伝わる伝わる。メンバーが相当クリアに抑えどころを把握してないとこんなすっきりいかないはず。「ファンクラブ」は凄いことになってる予感。

YUIが生ゲストだったROCKS on TV #11が再配信中。もともとSony Music社員がやってる番組だからかわりとリラックスしてる印象。しかしこの人のまっすぐな感じは独特。兵庫さんのYUI評もわかりやすく鋭い。アジカンのコメントも。
次回#12は3月2日21時から生配信。キャプテンストライダムがゲストです。
あと1月28日に大阪で行われたスネオへアーxROCKS on TV「悲しみジャパンサーキット」の模様も配信中。

ダンスしたくな~い♪でおなじみのSTAN!2.22に「STANⅡ」で世界を変えそうなSTAN!
今回はいくつかニュースあります。まずは2月いっぱい渋谷スペイン坂に「何気にスタンのポスターが貼ってある」(オフィシャルより)とのこと。証拠写真はこちら
個人的に「ロックはもとからオレん中にある」「ポップ・ミュージックは『絶対に世界に負けない方法』だ」が好きなコピーです。あとここにはないけどgalleryで観られるもので「人間みんなそれなりに嘘つきなんだけど 要は誰が一番格好よく嘘をついてるかが 大事なんだよ」は真理をつきすぎてて最強。

あと最近のオフィシャルBBSがまた49とKYGの本音炸裂でおもしろすぎるので2月17日のKYGの書き込みをここに引用。
「(前略) なんか最近STANって人気ある風に勘違いされてるんだけど、ぶっちゃけ、全然CD売れてないから!ぶっちゃけ、全然Live動員少ないから! (中略) たしかに俺たち業界人受けはいいよ ま、そりゃどう考えてもすげーし そんなん当たり前だよね だけど俺相変わらず代田橋の汚いワンルームに住んでるし、外食は極力しないで自分で料理作ってんだから マジでどこにも実体がない人気なんだよね ライブドアみたい (中略) お願いします 助けてください にゃー!!!
これ全文引用したいくらい素晴らしい文章なんですが、長いので要点だけ。
これだけみてもSTANの底知れなさが伝わるかと。(無理)

さあここまで読んだ方々はもうSTANが聴きたくてたまらないはず!(いや、どうだろ)
ということでコロムビアのサイトで「STANⅡ」全曲ちょっとずつ試聴をどうぞ。遠慮せずにどうぞ!(必死か)

って↑このSTANの部分は昨日書いてたんですが(実は音楽ニュース記事はそういうふうに書いてたりもする)、最近STANのBBSの書き込みの回転が異常に早く(まるで売れっ子バンドのBBS!)、紹介した書き込みはかなり過去のものになり、今日もありえないくらいおもしろいKYG書き込みがありました!ぜひ見に行ってみてください!
「みんな油断すんな!今こそ証言しろ!!スタン君がいかに凄いかを!!どんぶらこどんぶらこ!! 」

ってこれを読み終わってROCKIN'ON JAPANのBBSに行くと輪をかけて笑顔になれます(特に東京都KYGさんの書き込み)。KYGがアイポッド買えるくらいには売れてほしいぜ(泣)!
僕も便乗して書き込んでしまったので、それが反映される前に見にいってください。恥ずかしいので。

RIPSLYME、初映画主題歌とのニュース。5月公開の「間宮兄弟」だそうです。
この記事なにがおもしろいって「しんみりした曲作りが得意なPES(29)」というところです。しんみりって。まあそういう言い方もありますか。


最近STANのことばかり書いてる気がしますが、STANに夢中なのでしょうがない。大体知れば知るほど好きになるバンドというのは意外と少ないわけで。ここは好きだけどここはちょっと、というのが大抵のバンドにあるんだけど。
アナログフィッシュもアジカンも、もっといえばイエローモンキーも奥田民生もそうですが、やっぱりもの凄くロックなのに、全然がっつりポップ。という音楽に弱い気がします。
まだ「STANⅡ」聴かないことには評価は定まらないけど、まず間違いない気がする。明日HMVに走ります!!(予約してあるけど)

ああもうちょっとでDEATH NOTE10巻まで読了。これからは2ヶ月おきかー。


さてこれからOzliveでも観ようかな(平静を装いつつテンション上がってます)。
[PR]
by kngordinaries | 2006-02-20 21:47 | 音楽ニュース
フォーン・ブース
公開されたのはもうかなり前のことかもしれない。なんとなくずーっと気になっていた作品で、そのうち機会があれば観たいとずっと思っていた。

この作品に心ひかれた理由はとても簡単なことだった。あらすじがめちゃくちゃおもしろそうだったから、それだけ。
そのあらすじというのがこれがまたシンプルで「ある男が電話ボックスで鳴った電話に出たら、その電話の相手の男にどこかから銃で狙われ、電話を切ったら殺すと脅される」というもの。しかもストーリーのほとんどがそのフォーン・ブース(公衆電話ボックス)で展開されるという。
奇妙で切迫したシチュエーション。狭い空間と限られた登場人物で繰り広げられるドラマ。想像しただけでとてもおもしろそうな気がした。

コリン・ファレル演じる主人公スチュはモデルや俳優を売り出すパブリシスト。成功のために嘘をつきまくり、妻がいるのに売り出し中の女優にも熱を上げているかなりダメな男。
なんとなくスタイリッシュでサイバーチックな映像が、心地いいリズムの音楽と共に展開される導入部はちょっとしたミュージックビデオのように小気味いい。そこからスチュが電話ボックスで突然鳴り出す受話器を取り、キーファー・サーザーランド演じる電話の向こうの男が声を発した瞬間から一気にサスペンスが感情の表面に湧き上がってくる。

2人の会話がすすむごとにその奇妙な状況の裏事情はほんの少しづつ見えてくる。それと同時にその解決策は少しづつ失われていく。そして主人公の長年に渡って全身に貼り付けられていた虚勢はぼろぼろと剥がれ落ちていく。
とてもシンプルで限定されたシチュエーションの中でサスペンスとしての旨味が十二分に発揮されていて目が離せなくなる。コリン・ファレルの極限状況の芝居は引き込まれるものがあるし、キーファー・サーザーランドの冷徹でどこかネジの外れたような奇妙さは背筋が凍る。

で、観ているあいだは緊張状態が続いてその場に起きていることの一つ一つを追いかけるのに忙しいけれど、終盤で主人公がある選択を迫られるあたりから、急に視界が広がってこの物語の全体像が見えてくる。
フォーン・ブースというとても一般的な道具を使いながら一種の寓話のような明快なお話だということがよくわかってくる。ストーリーの最終盤、そこで発せられる主人公の長ゼリフ、そこに行きつくまでのお話。


全体で約80分、映画としては短めなのかもしれないけれど、そこにちゃんとぎっしりサスペンスが詰まっている内容充実度は十分な小品。

なんか話を複雑にしたり、やたらとどんでん返しを用意したり、ド派手なアクションや残虐な映像を用意したり、といったことをしなくても観客を釘付けにすることはできる、という一つのお手本。
[PR]
by kngordinaries | 2006-02-19 23:03 | 映画、ドラマ
いっさん、コメントありがとう!!
先日、GOING UNDER GROUND石原聡の一日一善で行われた1周年記念の「トラックバックしてくれた人のブログにコメントを書きに行く」企画に参加させてもらって、何日かワクワクしながら待つ日々が続くかと思ったら、早くも昨日の夜にいっさんという方からのコメントが!

鍵コメントで書き込んでくれたので、いまのところ僕以外の人には見られない設定になっているんですが、特別プライベートな仲でもないですし(当たり前)、そんなに秘め事でもなく、個人的にも自分ひとりの胸にしまっときますタイプではないので(むしろ自慢したい)ここに公開させてもらいます!

Commented by いっさん at 2006-02-17 22:09 x
こんにちわ!GOINGベースの石原です。トラックバックありがとう!またまたメンズですな!さっきも男の子がいて書いたけど、ぶっちゃけメンズからのトラックバックの方が嬉しかったりするんだよね!別に変な意味じゃないから安心して(笑)
 それより俺なんかに様なんて付けなくていいから!ちょっとビジュアル系になった気分がしたよ(笑)
 ちなみに俺も昨日の晩飯は白菜と豚肉の鍋でした!あれは手軽だしかなり旨いから良いよね。あと、書いてたかもしれないけどポン酢にラー油入れるとまた一段と旨くなるよ!辛いの好きだったらお薦め!
 そんな感じでこれからも一日一善よろしくね!ちなみにキーワードは「おにぎり副社長」です。


メンズ(笑)。ビジュアル系(笑)。いつもブログで読んでる文章と変わらない飾り気ない言葉で書いてくれて感激しました。内容もちゃんと記事に目を通してくれてることがよく分かるもので50件ものTBにこうして丁寧にコメントしていってくれるのか、と思うと頭が下がる思いです。
当然のことだけど近いうちにポン酢にラー油をためさせてもらいます!

で、このコメント発見後にアップされたのがこちらの記事「2月17日  コメント」で「ある曲のレコーディング」(!)の合間にコメントを順に入れていっていたようです。ある曲というのが気になります。
「頑張ってみた結果半分くらいまでいったんだけどその後は時間がなくて断念・・!」と書かれていて僕はちょうど半分くらいだったので、次のTB先を見に行ったらまだでした。ギリギリこの記事前に書いてもらえたもよう。
記事によると今ごろ(19日夜)さらに続きのコメント書きに奮闘してるのかもしれない。大変そうだな。

いっさんほんとにありがとう。これからもGOING UNDER GROUNDでの活動もブログも楽しみにしてます!意外と多いメンズの一人としてw


またまた石原聡の一日一膳「2月17日  コメント」にTBさせていただきました!
[PR]
by kngordinaries | 2006-02-18 18:51 | 生活
ARABAKI出演者第一弾発表!!バイン!フジ!他
ARABAKI ROCK FEST.06'、第一弾出演者発表!!
4月29,30日に宮城県エコキャンプみちのくで行われる春の邦楽ロックフェスARABAKI ROCK FEST.06'の出演者第一弾が発表されました。忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS、UA、ELLEGARDEN、ohana、KOOLOGI、GRAPEVINE、KEMURI、サンボマスター、THEATRE BROOK & 荒吐SUPER SESSION、スガシカオ、曽我部恵一、椿屋四重奏、10-FEET、TRICERATOPS、THE BACK HORN、Theピーズ、the pillows、髭[HIGE]、風味堂、マキシマムザホルモン、宮沢和史、MONGOL800、RIZEの23組。まだ出演日等は未定です。
春フェスARABAKI、第一弾発表きました!ELLEGARDEN、スガシカオ、サンボマスターあたりが目玉なのかな、よく分かりませんが。個人的にはGRAPEVINE!TRICERATOPS!とくにトライセラはようやく来たかと。やっとオファーしてくれたかと。やれやれといった印象です(酷)。 わりと幅広くもロック系でまとまっていて普通によさそうなラインナップ。第2弾発表は3月6日10時とのこと。個人的にはもう数組ガツンとくるバンドが揃わないとはるばる宮城までは行けないなー。とにかく遠い。

GRAPEVINE、ライブDVD「sweet home adabana 2005」収録曲判明!!
GRAPEVINEが4月5日にリリースするライブDVD「sweet home adabana 2005」の収録曲が判明しました。「13/0.9」「Reverb「シスター」「いけすかない」「少年」「それを魔法と呼ぶのなら」「放浪フリーク」「Metamorphose」「REW」「豚の皿」「VIRUS」「KINGDOM COME」「ポリゴンのクライスト」「アダバナ」「アンチ・ハレルヤ」「lamb」「その未来」「GRAVEYARD」「スカイライン」「光について」「Everyman,everywhere」の全21曲。
あの目一杯曲を披露してくれたツアーからどれだけ収録してくれるかと思ってましたが、20曲オーバーということでじっくりたっぷり堪能できそうです。ここまでくると完全収録してほしかった気もしますが(欲張り)。この収録する公演ってうららかさん(つじあやの)が登場したと思うんですが、「Shiny Day」も観てみたかったな。「リアリティ」「公園まで」の流れも!しかし楽しみは楽しみ。

フジファブリック、初夏にワンマンツアー決定!!
フジファブリックのワンマンツアーが決定しました。詳細は下記のとおりです。

6月17日(土) 18日(日)札幌 PENNY LANE 24
6月21日(水) 仙台 CLUB JUNK BOX
6月23日(金) 金沢 AZ HALL
6月30日(金) 大阪 なんば Hatch
7月 1日(土) 名古屋 CLUB DIAMOND HALL
7月 7日(金) 広島 CLUB QUATTRO
7月 8日(土) 福岡 DRUM LOGOS
7月14日(金) 東京 Zepp Tokyo

全9公演。ソースは「赤富士通信」(公式サイト配信のメルマガ)です。
フジファブリックワンマン!わりと長いツアーが終わったばかりですが、5月にも日比谷野音があるわけですが、勢い止らず。どれも大箱で最後はZepp Tokyoときたもんです。これの前にリリースなんかもあると嬉しいところ。名古屋は土曜日!これはもう絶対行きます。DIAMOND HALLだったらさすがに取れると思うんですが、どうなんだろう。

excite musicにてASIAN KUNG-FU GENERATIONのインタビュー&コメント映像。全体的に髪がもっさりしてますね。(どんな感想だ)
「ワールドアパート」かなりいいです。「僕の両手にはこれだけだよ」の1フレーズが頭のなかをぐるぐるぐるぐるエンドレスリピート。1フレーズのメロとサウンドと歌唱で一瞬にして世界を作り上げるアジカンの得意技炸裂。あとカップリングの「永遠に」がすごいツボにはまりました。こういうどっぷりくるミディアムチューンにはお手上げ。「嘘とワンダーランド」は、喜多くんボーカルなんですが、ちょっとマサムネくん入った歌声で結構無難な出来ですね(何様)。もっとどっちかにふれてるかと思った。アルバムへの期待がぐいぐい高まり中。

Hit&Runの愛すべき末っ子シュノーケル(勝手につけたキャッチフレーズ)、3rdシングル「旅人ビギナー」が4月5日にリリース
結構ハイペースなリリースだけど、次でアルバムかな。とりあえず1回ライブを観たいと思ってるんですが、なかなか機会が訪れない。

安藤裕子のPV集『The Moon And The Sun』が4月19日にリリースされます。
わりと前から気になっていて今度のアルバムはレンタルしようと思ってるんですが、最近歌番組とかよく出ているせいか、かなり人気でずっと貸し出し中。あとハイロウズベストもたくさんあるのに全部貸し出し中。

DEATH NOTEの映画版キャストがほぼ出揃ったようです。
今8巻読み途中なんですが、登場人物からいって7巻以前の話になりそうですね。オリジナルキャラもいるようだし原作とは結構違うのかもしれない。1~3巻くらいをじっくり描いてほしいなー。
少なくともおひょいさんのワタリ役が適役なのは間違いないということで。

STAN「STANⅡ」まであと5日!(フライング日の21日まで)
なんのニュースもなかろうと叫びますよ!(逆ギレ) 2.22世界がひっくり返りますよ・・・。ヤバイ。


昨夜の大事件、いっさんブログTB騒動は新たな記事が更新されたことで終止符が打たれました。
「てか、この反応にびっくり!!こんなにトラックバックがくるとは!!どうもありがとうございますm(_ _)mコメント書けなくなる可能性もあるのでこの辺で締め切らせてもらいます。」
って、いやいや結果的に50件くらいだったけど、数日続いてたら何100といったと思いますよ。自分の人気に自覚がないんだろうか。
こういう件があったから書くわけではないんですが、毎日チェックするいくつかのミュージシャン日記の中でも一番といっていいくらい一日一善がお気に入りです。いっさんの人柄が素晴らしすぎる。

コメント楽しみに待っていよう。これでうっかりスルーされた日には泣くに泣けない。
[PR]
by kngordinaries | 2006-02-16 02:05 | 音楽ニュース
GOING UNDER GROUND石原聡の一日一善、一周年おめでとうございます!
冬の寒さとは関係なく、ただいまキーボードを打つ手が震えております。

GOINGいっさんのブログで「2月14日  祝!もうすぐ一周年!」がアップされていて、ああもう1年なんだと思いながら読んでいると、後半で驚きの告知が!
なんと
あっ!良い事思いついた!お礼ってわけじゃないけど一周年を記念してこの記事にトラックバックしてくれた人のブログにコメントを書きにいかせてもらうっていうのはどう?トラックバックだとまだやり方分からないからさ(ーー;)よし!それやろう!期限は次の記事アップするまで。なんか、一年経ってやっとブログの本領発揮した感じがするな〜(笑)皆さんのトラックバック待ってるよ〜!


って!!なんて無邪気で最高な企画を思いつくんだ、いっさん!

というわけで今もしかしたら、いやかなり高い確率でGOING UNDER GROUND石原聡様の目に触れる文章を書いていらっしゃるわけでございます(混乱気味)。

こちらのブログにはGOINGのライブに行ったときにはいつもライブレポを書いてはトラックバックさせてもらってます。あと一度いっさんがブログで紹介した料理を自分で作ったときもトラックバックさせてもらったな。白菜と豚肉の鍋、今でも頻繁に作らせていただいております。美味です。

何を書こう。とりあえずGOING UNDER GROUNDが大好きです。
「かよわきエナジー」のころから気になっていて2003年のROCK IN JAPANでライブが見られるということで「かよわきエナジー」と「ホーム」を予習していて一気にハマりました。そのときのROCK IN JAPANのライブは今でも目に焼きついてます。タッシ合唱団が結成された、まだ未発表の新曲だった「トワイライト」と「ハートビート」を披露してくれたあのライブです。初めて聴く「トワイライト」には本当に鳥肌が立ったし、タッシ合唱団にはこんなことありなんだ!と衝撃を受けました。
RIJからの帰り道は友達とほとんどGOINGのライブのことばかり話していました。他にもたくさんのライブを観たのに。

それからはツアーも一つのツアーで2回3回と参加していて毎回毎回とても楽しませてもらっています。感謝感謝です。来週発売の「TUTTI」、楽しみにしてます。ツアーもとりあえず名古屋はチケット取りました。

今後も音楽活動はもちろんブログのほうの更新もよろしくお願いします!!いままでもこれからもほぼ毎日チェックしてますので。

あとトラックバックって実はめちゃ簡単なので、ぜひぜひトライしてみてください。ブログの女王のところだと数多すぎて発見しにくい(僕が)ので別のところがいいかと思われます!




というわけでGOING UNDER GROUND石原聡の一日一善「2月14日  祝!もうすぐ一周年!」に感謝の気持ちを込めまくってトラックバックさせていただきました!
[PR]
by kngordinaries | 2006-02-14 22:25 | 生活
PUFFY10周年!トライセラシングル!真心!他。
PUFFY、PUFFY10.comスタート!4,5月にシングル!6月にアルバムも決定!
PUFFYの10周年記念サイトPUFFY10.comがスタートしました。トップページにはPUFFYの今年のマニフェストが掲げられ、4月12日に第1弾ニューシングルのリリース、5月には第2弾のシングルリリース、さらに6月にはニューアルバムのリリースが決定しました。さらにサイトでは4月から始まるツアーで聴きたい曲リクエストを受付中です。
去年の中盤くらいからずっと本人達も言っていた今年の活動が一気に発表されましたね!「作家陣がすごいです」というアルバムの全貌が気になります。OTからは2曲提供されているようなので2枚のうちどちらかのシングルにはなってそうな気もします。あとはどの辺の人が提供してるんでしょう。アンディは基本として「JET CD」並みに凄いことになってたらそれは凄いことだ(混乱ぎみ)。ああ、ライブが観たくなってきた!

TRICERATOPS、ニューシングルタイトル曲は「トランスフォーマー」!!
TRICERATOPSの3月22日リリースのニューシングルのタイトル曲が「トランスフォーマー」であることが判明しました。カップリングには「WARP」さらに「ロケットに乗って」のライブ音源(2005.11.12 福岡IMS)を収録し3曲入り。
「トランスフォーマー」!!いいです!なんかいいです!(根拠無) トライセラらしいこのヒーローな感じ。そういえば昔アニメかなんかのタイトルにあった気もします。しかも「リフ満載!」と書かれた日には期待せずにはいられない。リンク先ではジャケットも公開されてるんですが、これがまたいい感じです。トライセラは正直ときどきジャケットにがっかりさせられることもなくもなかったんですけど(ぶっちゃけすぎだ)、これはいい。ブログではレコーディング終了の報告とともにフォトもたくさんアップされてます。吉田さんのあご下のお肉が気になります。

真心ブラザーズ、3月24日ニューシングル「情熱と衝動」リリース!
真心ブラザーズが3月24日にニューシングル「情熱と衝動」をリリースすることが決定しました。「満を持しての作詞・作曲:YO-KING、真心ブラザーズ:プロデュースの伝家の宝刀、必殺の真心チューン。いよいよアルバムへの布石となるのか!?」とのことなので順調にいけばいよいよアルバムリリースが近そうです。
YO-KING曲ということは、ソロの路線の流れになるのか、真心らしさへシフトしてくるのかがかなり興味深い。ちょっと前にテレビ番組ジャパンカウントダウンでCDJでの「スピード」を演奏してる映像が観られましたが、ぶっちぎりでかっこよすぎました!あれはやっぱりソロでは出せない凄みだった気がする。このシングル、そしてアルバムが楽しみです。

RIP SLYMEの全国ツアー詳細が発表されてました。6月1日Zepp Nagoyaから7月8日Zepp Tokyoまでの全11公演。
これ開場19時開演20時ってほんとですかね。ライブが極端に短くないかぎり問題ありそうな気がしてならない。名古屋は平日かー。悩ましい。

ただいま全国ツアー中の吉井和哉のツアーフォトが続々アップされてます。
当然のことながらかっこよすぎる。髪型や衣装のせいかもしれないけど、さらにカリスマ性を上げまくってるような。残念ながらネギ坊やしーたかさんのアップはまだないです。いよいよ武道館&城ホールが近づいてますが、どんなことになるのか。

フジファブリック志村日記アジカンごっち日記にて同時期に話題となっている電気安全用品法とは一体なんなんでしょうか。まだちゃんと説明しているサイトを読んでいないので僕にはよく分かりませんが、ビンテージの楽器の販売が規制されてあーだこーだというのは文化的な面からあり得ない話なので、こういうのよくないと思う(優等生的発言)。

exicite musicにてキャプテンストライダムのインタビュー&コメント映像
永友くんのMy旬ランキング1位は湯たんぽ。「布団を温める機具は色々ありますけど、中でも湯たんぽは秀逸ですよ。」って、確かに。
梅田くんは2位に宮部みゆき!「長い長い殺人」から入ったらハマるだろうな。で、「火車」を読み今は「理由」を読んでるとのことです。なかなかいいラインつくな(何様)。

次号2月19日発売のCUTの特集は「誰も観てない映画55本!」で、表紙は「木更津キャッツアイワールドシリーズ」です!クランクイン初日レポート&全員インタビューって!
他にM:i:3とかパイレーツ・オブ・カリビアンは分かるんですがインディ・ジョーンズ4って本当ですか。前作は僕がまだものごころつかないころだったような・・・。

アップルが革新的タッチパネルの特許を数件取得とのニュース。
記事を読んでもいまいちイメージが湧きませんがもの凄く未来的な機能っぽい。nanoと動画再生でiPodの進化も一段落かと思いきや、またまた利便性の高いインタフェースが発明されそう。大期待。

GOING UNDER GROUND「Tutti」も楽しみなんですが、STAN「STANⅡ」が身悶えるほどに待ち遠しい。そして僕の脳内では春先には名古屋ライブも決定しています。ダンスした~い!(壊)

今年の始めから読み始めたDEATH NOTE。やっと7巻まできました。あーもうちょっとで追いついてしまう。しかし7巻であそこまで急展開するとは!久々にかなりハマッてしまいました。



なんか最近、凄い寒い!とも言い切れない気候にちょっといらっとするのは僕だけでしょうか。
[PR]
by kngordinaries | 2006-02-13 22:18 | 音楽ニュース