タグ:イエローモンキー ( 4 ) タグの人気記事
吉井和哉のマル秘おセンチ日記
イエローモンキー本?
ロビン本?
いえ、これは
吉井和哉本です

このエッセイは当時イエローモンキーのボーカルだった吉井和哉が92年秋から96年春までの3年余にわたって雑誌連載していた文章を単行本化したものだ。
帯にもあるようにイエローモンキーというバンドがほとんど無名だった時代から堂々たる「死んだら新聞に載るようなロック・スター」になっていく過程で綴られている。

これをROCK IN JAPANのロッキング・オン ライブラリで発見して思わず購入しました。高校の頃あまりお金がなく、ほとんど全部立ち読みしていたのだけどやっぱり手元に欲しくなってしまったので。

ここには吉井和哉の多くの構成要素が密に詰め込まれている。トレードマークであった寒い親父ギャグ、無駄にエロ過ぎる言葉使い、洋楽ロックバカ、イエローモンキー、生活にドラマを見出すロマン、社会問題への関心、父親、自問自答、涙、闘争心、等々、溢れる創作意欲や一つ一つのライブ・レコーディングを命懸けでこなす日々の緊張感が、文章を小気味よく、ときにサイケデリックにドライブさせ、そこから一人の人間の多面的な魅力を放出している。

毎年恒例のイエローモンキー杯ボーリング大会での下手すぎる吉井の心のうちを描きながら投げられる渾身の1投の行方なんてそこらの映画のクライマックスよりずっと気になるし、連載している雑誌ロッキング・オン ジャパンをその連載でバッシングした妙な本気さは鳥肌がたつほど微笑ましい。吉井は歌詞だけとっても恐ろしくぶっ飛んだ才能があるわけだけど、それはかなり初期からこういった文章でも十二分に発揮されていたわけだ。

iPod miniを聴きながら夢中になって読みふけった。かかっているのは「MOTHER OF ALL THE BEST」のDISC-1。RIJ直後だったこともあって頭の中に浮んできたのは、ロックフェスで演奏するイエローモンキーの姿だった。フェスで彼らのライブを観られたら最高だろうな、と何の気なしに思い、想像を巡らせてしまったのだ。

しばらくしてどうしようもなく苦しくなった。悲しくもなった。

どうしていないんだろう。
どうしていまこの楽曲はデジタルでしか鳴らないんだろう。
悔しいよ。だってこんなバンド他にいないじゃないか。
泥臭くかっこいいホンモノのロックスターだったのに。
ダークでまっすぐで血まみれのキラキラ輝くバンドだったのに。
「JAM」がこれから一切鳴らなくていいわけない。
「楽園」が響き渡るライブハウスがないなんて嘘だろ。
代わりなんていない。似た存在なんてない。
かけがえがない大切で重要なロックが歩みをとめてしまうなんて、嘘だ。

上に書いた何倍ものもやもやとして鬱屈した想いが溢れ出た。どこかでしっかりとせきとめていたはずだったけれど、ついうっかりといった調子でぽろぽろと。

やっぱりイエローモンキーは特別だった。それは認めなきゃいかんと思った次第。

とにかくエッセイとしてめちゃくちゃおもしろいです、この本。音楽ともバンドとも切り離してみてもおもしろエッセイとしてレベル高い。今も吉井はオフィシャルで月一コラムを書いているけど、文筆業もたまには希望したい。
やっぱりホンモノは考えていることも日常で起こったことへの解釈も、一味違うという話。

もちろん吉井和哉の新譜も切実に待ってます。
[PR]
by kngordinaries | 2005-08-24 02:22 | 本、雑誌、マンガ
メカラ ウロコ・8
たったいま、DVD「THE YELLOW MONKEY LIVE AT TOKYO DOME」を観終えた。

これは2001年1月8日に行われたTHE YELLOW MONKEYのライブ「メカラ ウロコ・8」公演を収録したライブDVDだ。バンドにとって初の東京ドーム公演で、この時点では活動休止前のラストライブとされていたメモリアルなライブだった。

彼らの活動が活発に行われていたころ、僕はコンサートやライブに足を運んだことがなく、イエローモンキーのライブもSPRING TOURをNHKで特集していたものをビデオに撮って繰り返しみたことと、初回のRIJの映像をどこかでみたことくらいしかなかった。

もの凄く迫力のあるライブだ。ボーカルは、曲の伝えたいことに細心の注意を払いつつ、全力投球で、なおかつアドリブのようなメロディと歌詞をのせて、叫ぶように歌う。サウンドは、ガシッと芯が固まっていながらボーカルの温度と音頭に合わせてするりと変幻してペースを乱さない。1曲1曲のつながりや緩急のテンポもかっちり計算されていて、本当に完璧なライブだと思った。
曲の構成はアルバム「8」が中心だった。バンドにとって最後のオリジナルアルバムとなった作品で、このライブの半年ほど前に発売されながらこれを軸にしたツアーは行われていなかった。僕はこの作品がとても気に入っている。それまでのイエローモンキーからまた違うステージに上がったような表現を感じ、それがとてもかっこよかったからだ。しかしバンドの多くのファンからはこの変化は戸惑うものだったようだ。ただ、少なくとも吉井は過去の曲と変わらぬ情熱を込めて歌っていたし、「やりたい曲をやる」という選曲基準でバンドは活動停止前で過去の代表曲たちを期待する観客に「8」中心のセットを用意していた。

DVDを観ている間、いろいろと思い出してしまった。
初めて歌番組「POP JAM」でこのバンドをみて演奏されていた「追憶のマーメイド」のグルーブにすいこまれるように見入ってしまったこと。
バンド好きの友達たちの間で「TRIAD YEARS act1」が貸しまわされて全員ハマッてしまい、誰が一番このアルバムをよく聴いていたかイントロクイズで対戦したこと(始めの一音で全員が曲名もしくは何曲目か答えられた)。
「JAM」にとんでもなく勇気付けられ、励まされたこと。
どしゃぶりの雨の中のRIJでの「パール」の映像に衝撃を受けたこと。

今年7月にバンドは解散を発表した。全員が雑誌のインタビューで細かな事情までを話し、自分達選曲で再構成したベストアルバムも今月発売され、全国でビデオ上映を中心とした展示会を催し、今日12月26日には4年ぶりの東京ドームで同様の展示会が行われ、4人が集るという。なんといっていいか、バンドの解散でこんなに誠実で労力を惜しまないやり方をみたことがない。実際はフライングで今日DVDを手に入れられたけど、すべてのイベントが終わって、やっと28日にラストライブとなった公演のDVDが発売だというのだから。

映像のなかの吉井は楽しそうで、元気で、パフォーマンスも冴えまくっていて、「死んだら新聞に載るようなロックスター」そのものだった。舌を出して挑発し、身をくねらせ、バンドの演奏にすべてをゆだね、へんてこな踊りを踊り、にっこり笑って、「エマちゃーん!」と叫んでいた。キラキラの衣装に身を包み、やんちゃにやりたい放題やることが、そのまま観客の望みを叶えることになってしまう、という天性のエンターテイナーぶりを遺憾なく発揮していた。

本当に楽しいライブだった。
ときどき映る観客もほんとに楽しそうだった。ライブが後半になるにしたがい、その中にちらほら悲しそうな表情が見えるようになる。
アンコールで「悲しきASIAN BOY」が特効の爆発とともに始まって、ステージ後方にきらびやかな電飾で「THE YELLOW MONKEY」という文字がでかでかと輝いたとき、その最高潮に盛り上がるはずの瞬間、わっと泣き出す観客の顔がちらっと映された。僕も目頭が熱くなった。わかりきったことをあまりにリアルに再確認してしまったから。

こんなに楽しいこのバンドのライブを生で観ることが、もうできないのだということ。

初回限定版についている写真集にはこの公演をリハや楽屋や、もちろんステージの写真もたくさんつまっていた。僕はライブ映像と音源の彼らはよく知っていたけど、素の部分はあまり観たことがなかった。30代のおっさん4人+サポート1人なのに、とんでもなく無邪気で幼稚で仲良さそうな姿が満載。やんちゃな大人になりきれない困ったバンドマンたちだ。
イエローモンキーは一時期、ロックリスナーの期待を一身に背負うバンドだったし、いまも音楽シーンに重要な存在だし、その独特なバンドフォルムはフォロワーが決して現れない類のものだった。貴重な存在だったのだ。吉井が引っ張っていたものの、全然ワンマンバンドという印象がないのもそれを象徴しているし、吉井のソロが第2のイエモン的言われ方がこれっぽっちもされる気配がないことからもそれは明らかだ。
だけどそれとは別に、仲良し集団としてのバンドストーリーも素晴らしいものがあったんだと思う。

思ったことをつらつらと書いたけれど、どう終わっていいかわからない。

THE YELLOW MONKEYはほんとに最高のバンドだ!と強く思った。

一言で言っちゃえばそういうことなんだけど・・・。
[PR]
by kngordinaries | 2004-12-26 23:47 | 音楽
THE YELLOW MONKEY、究極のベスト・アルバムをリリース
THE YELLOW MONKEY、メンバー自らが選曲・監修したオール・タイム・ベストを12月8日にリリース!!
http://www.oricon.co.jp/music/news/041008_01.html
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=775968&GOODS_SORT_CD=101

音楽誌BRIDGEのインタビューに続き、なんてフェアなバンドだろう。解散 したバンドのベスト盤をバンドのメンバーが選ぶなんて。

いまさら蒸し返すつもりではないけどBRIDGEのインタビューで一つとても気になったことがあった。この解散の要因の一つに音楽業界やファンのバンドに対する過剰な期待や妄想があったことは過去の吉井インタビューを読んでも明らかなのに、メンバー誰一人そういった外部の影響を理由にしていないのだ。
THE YELLOW MONKEYはいつもかっこ悪かった。おしゃれだったり先端だったりスマートだったり余裕たっぷりといったイメージがかけらもないのが、それの証明だと思う。自分達を貶めていじめぬいて見世物にしていた。まったく時代性を伴わない音楽性でもって時代の歪み痛みを痛烈に批判してはその実、自らが一番泥をかぶるようなことばかりしていた。
そんなバンドの解散はやっぱり全部をさらけ出していて、でもそこに外に対する憤りが少しもみあたらないことが、とても驚きだった。

僕はこれからTHE YELLOW MONKEYを聴くことに思い出すことに必要以上に感傷を感じることはないと思う。それがうれしい反面、もうちょっと傷つけて欲しかった気もする。彼らばかり痛いのはちょっとかなしい。
[PR]
by kngordinaries | 2004-10-10 16:00 | 音楽ニュース
ナンダカンダで・・・
えと・・・使い方がよくわからないけど、とりあえず投稿。

カテゴリ設定でまずつまづいた。

今日は雑誌bridgeのザ・イエローモンキー解散インタビュー読んで電車の中で泣きそうになった。はずい。

このブログは誰かが読むことになるのでしょうか?世界のどこかで、あるいは中心で。
この文字列はいつか読まれることがあるのですか?いま、あなたが読んでいる?

時間の無駄なのでこの辺で・・・。
[PR]
by kngordinaries | 2004-10-01 00:56