タグ:FREENOTE ( 3 ) タグの人気記事
SAKAE SP-RING 2007 05/12
2日続けて名古屋栄周辺のライブハウス&クラブ8箇所で昼から始まり、100組以上のアーティストがひっきりなしにライブをする、というZIP-FM主催の巨大イベント、SAKAE SP-RING。

開催された2日間のうち、僕が参加したのは初日の12日のほう。
個人的な好みでは明らかに翌日の13日の方が充実していて、タイムテーブルを見ていても、9mm→サカナクションor monobright→Chester Copperpot or 星村麻衣→the ARROWS→RAM RIDER→NIRGILIS→plane→GOING UNDER GROUND!!(合間に矢場公園で別イベントのKOKIA) と、非常に魅力的でしたが、別の用事が入っていたため参加できず。

というわけで、お目当てのアーティストは少ないものの、色んなジャンル入り乱れた多彩なアーティストのライブアクトが観られ、しかも一つの街の各場所で同時多発的に行われる、というイベント自体の魅力にひかれ、会場に向かった。
ラシックの受付でチケットとパスカードを交換し、まずはクラブクアトロへ向かう。春の陽気に包まれた栄を自転車で駆け抜ける。

More
[PR]
by kngordinaries | 2007-05-16 01:14 | ライブ
FREENOTE シングル「ピアノを弾いて」レコ発ツアー~またワガママを言う~ 名古屋ell. FITS ALL
待ちに待ったライブだった。

もう12月になっていやでも1年を振り返る気分になってしまうところだけど、今年はほんとに新しくいいバンド、好きな音に出会う機会が多くあった。その中でも特別なのがFREENOTEだったと振り返って思う。春発売の1stアルバムでずっぽりとハマり夏前からライブを観る機会をずっと狙っていた。そしてこの日が来た。

名古屋ell. FITS ALLは大須にある小さなライブハウス。隣接するELLは経験があったけれど、ここは初めてだった。
ワンマンライブではなくストレンジヌードカルトとの対バンであることは分かっていたけど、改めてチケットを確認すると、「オープニングアクト SAVE FREE」の文字が。出演3組だとFREENOTEの曲数がかなり少ないかもしれない。

連れの友人が大渋滞にハマって遅刻との報があったので、開演時刻直前まで待ったけれど、結局1人で入場。

びっくりした。ガラガラだ。

ell.FITS ALLは想像していたより広いつくりで埋まれば200~250人は入りそうな中バコだった。ステージはそのキャパに比べても立派なもので、観客フロアも後ろに段差がありとても観やすそう。そんなフロアに人が20~30人。・・・スペースの方が明らかに多い。断っておくと、開演時刻直前である。

とりあえず上着をロッカーに入れ、トイレを済ませてフロアに戻ると、既にオープニングアクトが始まっていた。

※この先ツアー中のライブについてネタバレがあります。ご注意ください。

名古屋の人はシャイ?
[PR]
by kngordinaries | 2005-12-11 22:31 | ライブ
Introducing the popline according to FREENOTE  FREENOTE
なにはなくともタイトルの長さにまずは驚くこのアルバム。

その中に詰まったサウンドが、ポップなきらめきを持ったロック、という聴く前の予想をはるかに超えたものになっていたことにさらに驚いた。

とにかく1曲1曲のその音のレンジの広さに驚く。流麗で厳かなバラッド、どこまでも飛翔するギターポップ、ふわりと穏やかでカジュアルなミディアムテンポ、優しさとせつなさが交差する胸の鼓動のような4つ打ちディスコ、ハードでソリッドなミクスチャー。そのどれもが整ったフォルムとツボを抑えた仕上がり。

と書くと、優れた音楽家集団の職人芸ポップアルバムと思われるかもしれないけれど、そういう感じでもない。
バンドとしての前のめりでやんちゃな姿勢がそこから透けて見通せるのだ。それはギターソロのドライブ感やボーカルのシャウト、明らかに遊びで入っている音色等々のさまざまな要素でこのアルバムにえもいわれぬ瑞々しさと勢いを与えている。

僕ら
断ち切って また繋いで
いくつも眠れない夜を
転んで ちょっと泣いたって
僕ら リズムは フリー


ボーカルの歌唱がいい。かなり上手い。技術もあることはあるけれど、それ以上に歌う喜びが喉の奥から溢れるような爽快な歌声はとても耳に優しい。「ほんとうの私」や「アートな表現」を押し付けるようなこともなく、心から外側の空気に達するまでに声に入ってくる不純物がとっても少ない。つまり歌詞を届ける行為と音に乗せる楽器としての鳴りをバランスよくあわせ持っている。

イントロ、インタールード、アウトロ、とインストが3曲入っているけれど、これもこのバンドの音に対するバランスのよさを証明するような作りでとてもロックなサウンドが気に入った。前後の曲と流れるように繋がっていればさらによかったかもしれない。

近田春夫が「考えるヒット」の中でシングル「ウォークメン」について、コンピュータで作ったサウンドと生の音をシームレスに感じられる新しい世代がついに現われた、というようなことを語っていた。そのときはこの1曲でそこまで断言していいのかな、新人バンドだし外部の影響もあるだろうし、とか思っていたけれど、いまは全面的にこの意見に賛成。決して斬新な発明品ではないけれど、アルバム全体の雰囲気が新しい。既存のポップやロックの価値基準を吟味して刷新したらこうなった、とでも言いたげな新鮮さ。

特にアルバム後半。これでもかと多彩な曲調と歌声で押しまくり、楽しさや苦しさや暖かさや冷たさといういろいろな感情を全部メーターいっぱいに振り切る表現は、聴いててほんとにわくわくしてくる。

翼なんか生えない 空は飛べない
虹なんか渡れない 時は戻せない
現実はいつだって 厳しいけど
わかってるよ
ここで終わりじゃないから

[PR]
by kngordinaries | 2005-04-29 17:32 | 音楽