人気ブログランキング |
PLUTO 浦沢直樹×手塚治虫
「PLUTO」、プルートウと読むらしい。漫画内説明によるとローマ神話の冥王とのこと。

「MONSTER」そして「20世紀少年」と傑作連発の浦沢直樹の作ということで本屋で見つけて予備知識なしで買ってしまった。レジに行くとき表紙を見て、はじめて鉄腕アトムのエピソードを原作としていることに気づいた。

この組み合わせはやばい。もう1年以上前から連載しているらしいので今頃いうのもどうかと思うけど。漫画雑誌を読むほど漫画好きではないので知らなかった。

手塚といえば昨日ブラックジャックのアニメが始まった。意外と原作のままのテイストが生かされていて19時台のアニメにしては渋い。手塚作品でまともに読んだのは、小さいころに読んだ「ブッダ」と数年前に読んだブラックジャック、あといつぞやの「鉄腕アトム」くらいだけどどれもすごく面白かった。一つ一つのコマに凄く複雑ななにかが表現されている気がした。
それは、浦沢直樹にも感じる。

それにしても「20世紀少年」、新刊でるの遅すぎやしないだろうか。ちゃんと連載してるの?もう待ちきれない。正直ここまで続きが読みたい漫画はかつてなかった。小説でいえば宮部みゆきの「火車」や「レベル7」と同じくらい、ページをめくる間がもどかしい感覚を新刊が出るごとに味わっている。
「PLUTO」も、わざとかよ!と、叫びたくなるくらい続きが気になるところで終わっている。最後の3ページはこれぞエンターテインメントな楽しさだった。

あ、漫画つながりで「STEEL BALL RUN」も早く次が読みたいです。

p.s オサムを変換するとちゃんと治虫(おさむし)になるって凄いっす。
by kngordinaries | 2004-10-13 00:07 | 本、雑誌、マンガ


<< 俺は知ってるぜ  THE YELLOW MONK... >>